Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

BPO

広告をアウトソーシングすることのメリット

投稿日:

広告をアウトソーシングすることのメリット

企業の集客手法は従来のアナログからデジタルへと変わり、Webで広告を出稿する手法が一般的になりました。しかしWeb広告の運用というのは一筋縄ではいかず、時間もかかります。また専門知識がないと効果測定もままなりません。

上記の課題がある企業は、広告をアウトソーシングして外部に広告運営を委託するところが多いです。広告をアウトソーシングするとさまざまなメリットがあります。

そこで今回は広告をアウトソーシングするときのメリットとデメリット、そして導入時のポイントまでご紹介。「自社の広告をアウトソーシングしてどんな効果が得られるのか知りたい」という方はぜひご覧ください。



目次

広告をアウトソーシングするメリット

広告をアウトソーシングするデメリット

広告をアウトソーシングするときのポイント

まとめ

広告をアウトソーシングするメリット

広告をアウトソーシングすると、次のようなメリットがあります。

・広告運用などの時間を削減できる
・プロに広告作業を任せられる
・効果測定も簡単

広告運用などの時間を削減できる

Webの広告運用は、広告用の「クリエイティブ(広告のバナーデザインなど)」の作成やターゲットユーザーの設定、そして配信後の効果測定など、複数の工程に分かれています。そして場合によっては「リスティング広告」以外にも「SNS広告」など、複数の広告を併用して運営する場合もあります。

このようにWeb広告というのは時間がかかる要素が数多くあるので、自社で効率よく回せない場合はかなりの時間を要することになります。

広告をアウトソーシングすれば、Web広告に必要な工程を全て広告代理店に委託できます。これによりWeb広告運営に必要な時間が削減され、自社では本来の業務に集中できます。

プロに広告作業を任せられる

Web広告を適切にターゲティングして運用するには、専門の知識が必要になります。素人がWeb広告を運営すると、ターゲットユーザーの設定はどうすればよいかなど、さまざまな部分で苦労するでしょう。

広告をアウトソーシングすれば、広告運用のプロである広告代理店にWeb広告を一任できます。プロは細かなターゲット設定などで確実に効果が出るように広告運用を行ってくれるので、自社で広告運用するよりも高い集客効果が上がりやすくなります。

効果測定も簡単

Web広告運用で最も重要と言えるのが広告の効果測定です。どのくらい配信されてどのくらいのユーザーがクリックしたのか、またコンバージョンにつながったのはその内何%かなど、各指標を見ながら広告の効果がどれほど出たのか測定します。そして結果を見ながら改善点を探し出し、「PDCA」サイクルを回します。

広告をアウトソーシングすると、効果測定と結果レポートの作成なども広告代理店が行ってくれます。結果広告代理店と連携してより精度の高いPDCAサイクルで効果の上がる広告を出し続けることができます。

広告をアウトソーシングするデメリット

広告をアウトソーシングすると、次の点でメリットがあります。

・代行費がかかる
・急な変更などに対応できない

代行費がかかる

広告をアウトソーシングする以上、広告代理店への代行費が発生します。代行費は「Google広告」など運用時に使ったツールの代金や、広告費用の20%が手数料として請求されます。またバナーなどのクリエイティブ作成に関しても1枚ごとに1万円など、別途費用がかかってきます。

ターゲットユーザーの範囲が広ければそれだけ広告費も増加し、代行費も高くなるので注意してください。

急な変更などに対応できない

広告をアウトソーシングすると、自社ではどのような運用を現在行っているかなどは把握できません。そしてターゲットユーザーの急な変更などがあった場合も、広告代理店によってはすぐに対応できないこともあります。

広告をアウトソーシングする際は、自社で広告を運営できない分柔軟な対応ができない可能性があることも視野に入れておきましょう。

広告をアウトソーシングするときのポイント

広告をアウトソーシングするときは、次のポイントをふまえましょう。

・サービス内容を確認して最適なところと契約する
・各企業の得意な分野をあらかじめ調べる

サービス内容を確認して最適なところと契約する

広告のアウトソーシングサービスは、企業ごとにサービス内容が変わってきます。自社がどのプロセスまで広告をアウトソーシングしたいか考えながら、最適な広告アウトソーシングサービスを検討することがポイントです。

各企業の得意な分野をあらかじめ調べる

各企業で、アウトソーシングで得意としているジャンルが違います。例えばA社では不動産、B社ではアパレルや飲食系のバナー作成や広告運用が得意であったりとさまざまです。

各企業が広告のアウトソーシングで得意としている分野をあらかじめ公式ホームページなどで調べて情報収集することも重要です。

広告をアウトソーシングすることのメリット

まとめ

今回は、広告をアウトソーシングするメリットなどをご紹介しました。

自社ではなかなか運用がうまくいかない広告も、丸ごと他社のプロに任せてしまえば効果が出やすくなります。ただしどの業者を選んでも思った通りの成果が出るわけではありません。自社がどこまで広告をアウトソーシングしたいか、そして自社の提供サービスと業者側が得意としているジャンルがうまくマッチングしているかも考えて最適な広告アウトソーシング業者を選びましょう。

BPOバナー

-BPO

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.