Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト

 

BPO 業務効率化

【中業企業だからこそ】経理をアウトソーシングして業務に集中しよう

【中業企業だからこそ】経理をアウトソーシングして業務に集中しよう

バックオフィスである経理は、企業ならばぜひアウトソーシングを考えたい業務です。自社の収益に直結するコア業務にリソースを集中できるといった効果が見込めます。

特にリソースが限られている中小企業は、経理をアウトソーシングして経営の効率化を図ると効果的です。

今回は中小企業向けに経理をアウトソーシングすべき理由や業者選定のポイント、そしておすすめの業者を3つ厳選してご紹介していきます。

目次

中小企業が経理アウトソーシングを実行すべき理由

中小企業が経理アウトソーシング業者を選定するときのポイント

中小企業におすすめ!経理アウトソーシング業者3選

まとめ

【中業企業だからこそ】経理をアウトソーシングして業務に集中しよう

中小企業が経理アウトソーシングを実行すべき理由

中小企業が経理をアウトソーシングすべき理由は、次のとおりです。

・経理分野が人材不足であり、人材の確保が難しくなっているため
・経営を効率化して収益向上につなげられるため
・業務の属人化を防ぎ、不正が発生するリスクを減らせる

経理分野が人材不足であり、人材の確保が難しくなっているため

経理はどんな企業にも必要な業務ですが、それに反して少子高齢化といった原因により経理分野の人材不足は続いています。そして優秀な人材は大企業に囲い込まれ、中小企業は確保が難しいという課題もあります。

このため「外部から経理担当を新しく雇いたい」と思っても、上手く行かない可能性も高いです。

対して最初から経理をアウトソーシングしてしまえば、人材確保を考える必要はありません。外部業者の担当が自社の経理担当として機能してくれるため、安心して業務を任せられます。

経営を効率化して収益向上につなげられるため

経営の効率化の観点から考えると、経理は一番てこ入れを行うべき分野になります。経理の業務は

・給与の計算
・入出金の管理
・請求書の発行

といった多岐に渡るにもかかわらず、経営の管理が目的であり直接的な収益にはつながらないからです(ただし「将来的に経理部門を成長させてアウトソーシングサービスを提供したい」、といった目的があれば話は変わってきます)。

経理をアウトソーシングすれば経理業務に費やす時間を減らして、社内の人員を営業やマーケティングといったより自社の収益を作り出すコア業務へ投入しやすくなります。結果的に社内で無理に経理業務を行って時間を取られるよりも経営が効率化され、収益向上の可能性も高まっていくでしょう。

業務の属人化を防ぎ、不正が発生するリスクを減らせる

経理は属人化が発生しやすい分野です。担当が自分独自の方法で業務を推し進めてしまった結果、担当が部署変更や会社を離れるといった際に上手く引継ぎができないといった悪影響が出てしまいます。

そして中小企業は大企業よりも経理担当が少なくチェックが甘い分、不正が起こりやすくなってしまうのが問題です。

対してアウトソーシング業者は、機密保持契約どおりにセキュリティを確保しながら安全に経理を行ってくれます。自社で経理を行うと、「収益に直結しないしモチベーションが出ない」と思った担当がやる気をなくして経理のパフォーマンスが最大化しない可能性もあります。対して経理のアウトソーシング業者は経理代行をコア業務として行っているわけですから、やる気もありますし経理に関する機密もしっかり守ってくれやすいと言えるでしょう。
【中業企業だからこそ】経理をアウトソーシングして業務に集中しよう

中小企業が経理アウトソーシング業者を選定するときのポイント

ここからは、中小企業が経理を業者へアウトソーシングするときのポイントをご紹介していきます。

・そもそも導入のメリットがあるか
・どういった業務を代行してくれるのか
・長期間パートナーとして付き合えるか

そもそも導入のメリットがあるか

そもそも経理をアウトソーシングしなくても、経営効率化が達成される場合があります。たとえば

・無駄なプロセスを廃止して、効率よく経理業務が回る体制に変更したら問題が解決した
・会計クラウドソフトを利用したら経理が効率化されて、コストを抑えて業務効率化ができた

といったケースです。

経理を効率化する方法は、アウトソーシングだけではありません。アウトソーシングにこだわらずに自社の課題をまずは洗い出し、複数の解決方法を模索してみましょう。その中でアウトソーシングがコスト的にも効果的にも一番納得できると確認した後に、アウトソーシング業者を選定してみてください。

どういった業務を代行してくれるのか

経理業務は多岐にわたるので、すべての業務をアウトソーシング業者が代行してくれるとは限りません。料金が安い場合はそれだけ代行してくれる業務が少ないと考えてください。

たとえば業者に経理の専門家がいる場合は、業務のヒアリングや改善内容の提案といった根本的な作業まで任せられるメリットがあります。しかし格安の業者の場合そういった業務には対応しておらず、返って使いにくい可能性もあります。

自社で代行したほうがよい経理業務を選定して、任せられる業者を探していくのもよいアウトソーシング業者を見つけるためのポイントです。各業者公式サイトに代行してくれる業務詳細は掲載されています。細かい内容が知りたい場合は、資料請求や問い合わせなどで解決しましょう。

長期間パートナーとして付き合えるか

経理効率化のためには一時的ではなく、長期間外部業者と契約して良好な関係を保って行く必要があります。そのため長期間パートナーとして付き合えそうな業者を選定するのは重要です。

・導入実績は豊富か
・問い合わせの際担当者は丁寧な対応をしてくれたか
・こちらの質問に対して的確に回答を行ってくれるか

といった点を確認しながら、信頼できる業者を見つける努力をしましょう。

「下請けとして業務を丸投げしよう」という考えはいけません。自社の達成したい目標や業務内容のすり合わせなどを行いながら、対等なパートナーとして経理業者を扱うのもアウトソーシング成功のコツです。
【中業企業だからこそ】経理をアウトソーシングして業務に集中しよう

中小企業におすすめ!経理アウトソーシング業者3選

ここからは中小企業におすすめできる、経理アウトソーシング業者を3つご紹介していきます。

・HELP YOU
・経理業務プロ
・記帳・経理・給与計算代行センター 株式会社

HELP YOU

経理にとどまらず人事や営業など、さまざまな業務に関するサポートを行っている業者です。

経理の場合は

・書類のスキャン
・決済手続き用の書類作成
・記帳

といった業務を代行しています。

採用率1%のアシスタントが中心となって経理代行の体制を構築してくれるので、信頼感が高いです。また面談から代行の開始まですべてリモートで完結するので、コロナ禍でも安心して代行を依頼できます。

・月額10万円〜
・契約期間6か月〜
・実働時間月30時間〜

で契約できます。6か月単位の更新なのでまず様子を見て、長期間契約してよいかどうか判断してみてください。

経理業務プロ

経理業務に特化した業務代行を提供しています。

・伝票入力
・経費精算
・請求書作成
・売掛金。買掛金の管理
・内訳書、試算表の作成

など任せられる経理業務は多いです。

全国をカバーしているのでどの地域に会社があっても利用可能です。

参考料金は

・仕訳入力:月額4万円〜(毎月1,000 件依頼する場合)
・請求書発行:月額1万5,500円〜(毎月500件依頼する場合)

になっています。

アウトソーシングで効果の出る経理業務を提案して費用を見積もってくれるので、気になる場合はまずお問い合わせしてみましょう。

記帳・経理・給与計算代行センター 株式会社

税理士法人が運営しているため、信頼性の高いアウトソーシング業者です。

・記帳代行
・法人税の申告書作成
・振込支払

といった業務代行に対応しています。

記帳代行は月額890円(30仕訳まで、入力サポートプランを選んだ場合)から対応しているなど、コストの安さもポイントです。

また「すぐに業務を完了させないといけない」といった場合に対応できる、短期間で業務を終わらせてくれるサービスが用意されているのもメリットです。たとえば法人税申告書・消費税の申告書作成を最短5営業日で完了させてくれるサービスを提供しています。
【中業企業だからこそ】経理をアウトソーシングして業務に集中しよう

まとめ

今回は中小企業が経理をアウトソーシングすべき理由や業者選定のポイント、そしておすすめのアウトソーシング業者を3つご紹介しました。

経理のリソースが不足しがちな中小企業だからこそ、経理をアウトソーシングすることで経営効率化などの大きなメリットを見込めます。業者選定の際は信頼できて長期間依頼ができるパートナーを見つけられるようにしてみてください。

ぜひ経理業務をアウトソーシングして会社を成長させてみましょう。

BPOバナー

-BPO, 業務効率化
-

© 2021 Gozonji