Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

BPO トレンド

Webマーケティングをアウトソーシングする際のポイント

投稿日:

Webマーケティングをアウトソーシングする際のポイント

WebサイトやSNS、リスティング広告など、Web上で集客を行うのが企業の一般的な姿勢になってきました。そしてこれらのWebコンテンツを上手く回して、潜在顧客の集客から優良顧客の獲得までを行うマーケティング手法を「Webマーケティング」と呼びます。

Webマーケティングを行うWebマーケターは社内に人材が足りない場合もあり、企業内で適切に運営していくには限界があるのが現状です。そこでWebマーケティングをアウトソーシングすると、こういった課題を解決できます。

今回はWebマーケティングをアウトソーシングするときのメリットやデメリット、そしてアウトソーシングする際のポイントをご紹介。「自社でのWebマーケティングに限界を感じている」という方はぜひこの記事をお読みください。



目次

Webマーケティングをアウトソーシングするメリット

Webマーケティングをアウトソーシングするデメリット

Webマーケティングをアウトソーシングする際のポイント

まとめ

Webマーケティングをアウトソーシングするメリット

Webマーケティングをアウトソーシングすると、次のようなメリットがあります。

・業務を外注化して時間削減
・リソース不足を解消できる
・プロの技術を活かしたコンテンツ制作・運営が可能

業務を外注化して時間削減

Webマーケティングには、マーケティング計画策定から計画実現のためのコンテンツ作成、そして配信後の効果測定など、さまざまな工程が関わってきます。特に自社で運営したいと思うマーケティング用のコンテンツが多ければ多いほど、Webマーケティング実行には膨大な時間がかかります。

Webマーケティングをアウトソーシングすると、各工程を外注化することで大幅な時間が削減できます。

リソース不足を解消できる

Webマーケティングを行うWebマーケターには、それ相応のITに関する知識が必要になってきます。しかし社内でWebマーケターを中々用意できず、営業などとの兼任になってしまうなどの事例もあります。

Webマーケティングをアウトソーシングすると、社内にリソースを用意する必要がありません。また今までWebマーケターと他の業務を兼任していた場合は、本来の業務に専念することで生産率が向上します。

プロの技術を活かしたコンテンツ制作・運営が可能

Webマーケティングには、WebサイトやLP、自社ブログの作成、SNSやリスティング広告の運営など、複数のコンテンツを並行する場合も多いです。そして社内にノウハウがなければ集客できるコンテンツは作成できませんし、適切なコンテンツ運営も難しいでしょう。

Webマーケティングをアウトソーシングすれば、プロがきちんと集客につながるコンテンツを作成してくれます。またプロが目標に合わせてしっかり設定を行った上で適切なコンテンツ運営を行ってくれます。

Webマーケティングをアウトソーシングするデメリット

Webマーケティングをアウトソーシングするデメリットは、次の通りです。

・目標をしっかり伝えないと有効な施策が打てない
・コストがかかる

目標をしっかり伝えないと有効な施策が打てない

Webマーケティングを行うからには、自社には達成したい目標があるはずです。しかしWebマーケティングをアウトソーシングする際、「とにかく結果が出るようにWebマーケティングをして」と業者に丸投げするところもあります。

Webマーケティングは細かい目標設定あってのものです。しっかり自社の目標を伝えてすり合わせを行わないと、代行業者も力を発揮できません。

コストがかかる

Webマーケティングのアウトソーシングは、代行内容によって費用が変わります。コンテンツ作成から運用までを一括すると、それなりのコストがかかります。

Webマーケティングをアウトソーシングする際は、どこまでの業務を任せるかあらかじめ詳しく決めておく必要があります。

Webマーケティングをアウトソーシングする際のポイント

Webマーケティングをアウトソーシングする際のポイントは次の通りです。

・実績を確かめる
・相談時の相手の対応を確かめる
・自社にピッタリのプランを選ぶ

実績を確かめる

Webマーケティングをアウトソーシングする際は、アウトソーシングしたい業者の実績を確かめておきましょう。Webサイト内に実績をしっかり記載してある業者は、信頼できるとみて間違いないです。

また業者のWebサイトなどで「この業者は飲食系のWebマーケティングに強そうだ」など、どの分野が得意なのかもしっかり見極めることが重要です。

相談時の相手の対応を確かめる

Webマーケティングをアウトソーシングする際は、業者に電話などで相談を行います。その際業者側の担当の対応を確かめることも、よい業者を選ぶポイントになります。

例えば「この単語はどういう意味ですか?」「あなたの業者では弊社に対してこのようなWebマーケティングプランを考えてくださいましたが、このプランで何が達成されますか?」などと具体的に質問してみて的確な回答が返ってくる場合は、スキル的にも安心してアウトソーシングできます。

大規模の会社では新人がWebマーケティング担当になったりと、対応が分かれることがあります。事前の電話対応などで担当側の力量を見極めることも、Webマーケティングのアウトソーシングの際肝心です。

自社にピッタリのプランを選ぶ

Webマーケティングというのはたくさんの手法があり、どの工程をどのくらい任せるかによってアウトソーシング費用も変化します。またWebマーケティングについて詳しい人材が社内にいない場合は、しっかりサポートしてくれる体制があると安心です。

Webマーケティングのアウトソーシングでは、自社にピッタリのプランがある業者をしっかり比較して選定するのもポイントです。

Webマーケティングをアウトソーシングする際のポイント

まとめ

今回はWebマーケティングをアウトソーシングする際のメリット・デメリット、そしてアウトソーシングするときのポイントをご紹介しました。

Webマーケティングをアウトソーシングすることで、Webマーケティングの効果が出やすくなります。ぜひWebマーケティングをアウトソーシングして、自社の課題を解決しましょう。ただし実績を確かめたりして、よい業者を探す作業はしっかり行いましょう。

BPOバナー

-BPO, トレンド
-, ,

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.