Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

BPO

社宅管理をアウトソーシングしてコストカットしよう!

投稿日:

社宅管理をアウトソーシングしてコストカットしよう!

会社の福利厚生の一環として用意されることの多い社宅。社宅によって社員のモチベーションを高め、会社の満足度を上げたりするためには社宅の適切な管理が重要です。しかし社宅の管理は時間とコストもかかり、また専門の知識も必要です。

社内の社宅管理に課題がある場合、検討して欲しいのが社宅管理のアウトソーシング。社宅管理をアウトソーシングすることで、さまざまなメリットを得られます。

今回は社宅管理のアウトソーシングのメリットや導入時のポイントなどを解説。「自社での社宅管理に限界を感じていて、解決策を知りたい」という方はぜひご覧ください。



目次

社宅管理の課題
社宅管理をアウトソーシングするメリット
社宅管理をアウトソーシングするポイント
まとめ

社宅管理の課題

社宅管理には、次のような課題があります。

・管理に時間を取られる
・コストもかかる
・専門知識やノウハウが必要

管理に時間を取られる

社宅管理を企業だけで行おうとすると、社員との契約やクレーム対応など、全てを管理して処理しなければいけません。他にも細々とした作業が発生し、企業はそのたびに対応に追われます。

また社宅管理には人事部や総務部、経理部などさまざまな部署が関わってきます。ですから社宅管理でトラブルがあった場合は、各部門の業務が停滞する危険性もあります。

コストもかかる

上記のように、社宅管理には時間も取られます。そして社宅管理に時間を取られすぎると、社内業務にも影響が出てしまいます。

社宅管理のために人員を増強したりすると、結果コストがかかってしまいます。

専門知識やノウハウが必要

社宅管理には契約工程などにおいて不動産の知識が必要になってきます。自社が不動産関係のサービスを提供しているならばまだしも、そうでなければ社宅管理は面倒に感じるでしょう。

また効率よく社宅管理を行うにはどうすればよいかなどのノウハウも必要になってきます。ノウハウがない場合社宅管理における工程が分散したりと、コスト増加につながる体制を取ってしまう危険性もあります。

社宅管理をアウトソーシングするメリット

社宅管理をアウトソーシングすると、次のようなメリットがあります。

・社宅管理の時間を削減できる
・社宅管理のコストを削減できる
・社宅管理のプロに業務を代行してもらえる

社宅管理の時間を削減できる

社宅管理には、さきほど書いた通り複数の工程が絡んでくるので時間がかかります。社宅管理をアウトソーシングすれば、全部とはいかなくても最高90%以上の社宅管理に関する業務を社宅管理専門業者に任せられます。

結果複数の部署にまたがっていた社宅管理の業務がなくなり、社宅管理の時間を削減できます。

社宅管理のコストを削減できる

社宅管理には人的なリソースが必要です。そして社宅管理に時間が掛かればかかるほど、社内でもコストがかさんでしまいます。

社宅管理をアウトソーシングすることで社宅管理に関する無駄な時間が社内で減り、結果コスト削減につながります。

社宅管理のプロに業務を代行してもらえる

社宅管理には社員からのクレームであったりと、トラブルが発生することもあります。また社宅管理のさらなる効率化も求められるでしょう。その際不動産に関する専門知識がないと、適切な対応を取れずに困ってしまいます。

社宅管理をアウトソーシングすると、社宅管理のプロに業務を代行してもらえます。そして万が一社宅でトラブルが発生したときも、プロが適切な対応で問題を処理してくれるので社員も安心できます。また振込業務など各工程を集客して効率化するなど、より適切な状態で社宅管理が可能です。

社宅管理をアウトソーシングするポイント

社宅管理をアウトソーシングするときは、次のポイントを押さえてください。

・サービス内容をしっかり確認する
・実績なども確認する

サービス内容をしっかり確認する

社宅管理には事務処理など一部だけを任せる、ほとんどの業務を任せるなど、いくつかタイプがあります。そしてそれに対してどんなサービスを提供するかは、各社宅管理業者によって変わってきます。

社宅管理をアウトソーシングするときは、複数の業者を見積もり比較しながら適切なサービス内容と料金で契約できるところを探しましょう。

実績なども確認する

社宅管理業者を選定する際は、実績もみておきましょう。一般的に実績が多いところは対応も安定していて、安心して社宅管理を任せられます。

また借り上げ社宅を管理して欲しいときは、社宅管理業者が全国にどれだけ借り上げ社宅のネットワークを持っているかも見ておきましょう。

社宅管理をアウトソーシングしてコストカットしよう!

まとめ

今回は社宅管理をアウトソーシングするメリットや導入時のポイントなどをご紹介しました。

社宅管理は時間もコストもかかり、また専門知識も必要になってくるので取り扱いが面倒です。社宅管理をアウトソーシングすれば、自社の時間もコストも削減され、プロの対応でトラブルにも適切に対処できます。ぜひ社宅管理に課題を感じている場合は、社宅管理のアウトソーシングを検討してみてください。

BPOバナー

-BPO
-,

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.