Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

  

BPO事業 ビジネス

物流アウトソーシングとは? メリットとデメリット

投稿日:

物流アウトソーシングとは? メリットとデメリット_1

IoTの急速な発展により、物流部門でのアウトソーシングが活発になっています。
企業にとっても物流は収益を得るためには必要不可欠な部門でありながらも、様々な面で費用負担が大きく、需要が拡大する現代社会においては、物流コストを抑えながらもサービスを向上していくという2つの課題に企業は直面しています。
昨今増え続けている物流専門の代行業者への委託において、企業が得られるメリットやデメリットとはどのようなものなのでしょうか?

目次

メリット その1:大幅なコスト削減と固定化
メリット その2:サービスの向上
デメリット その1:責任の所在の複雑化
デメリット その2:業務のブラックボックス化
物流アウトソーシングはコスト削減とリスク増大が背中合わせ

メリット その1:大幅なコスト削減と固定化

商品を各拠点や顧客に届けるにあたり、自社にて物流業務を担っている場合、様々なコストが発生します。
まずは、物流倉庫。
在庫の保管はもちろんのこと、荷受けや発送業務、在庫管理に商品点検と、多くの業務があり、そのための設備、人員、そして施設にかかるコストは非常に大きなものです。
しかし、アウトソーシングすることで、このような人件費や固定費を企業が負担する必要がなくなるため、大幅なコスト削減が実現します。

また、アウトソーシングした際の企業の負担費用も、施設の維持管理費や人件費なども含めた固定費ですし、変動する部分があるとしても、入出荷の物量に比例するものですので、委託する企業にとっては、コストの内訳が非常に明確になります。

メリット その2:サービスの向上

物流を専門に請け負う業者ですので、その知識やノウハウによって、様々な点でのサービス向上が期待できます。
物流拠点での業務効率やサービスの向上に加え、委託した企業の社員も、取り扱う商品やサービスの向上のための開発・改善業務に注力できるようになります。

デメリット その1:責任の所在の複雑化

委託先が物流アウトソーシングを専門に請け負う業者であっても、実際に現場業務を担うのは、下請け・孫請け業者であることが多々あります。

複数の業者が絡むことで、何か問題が発生した際の責任の所在が不透明になってしまう恐れがあるため、委託元企業は現場の組織体制や運営フローを含め、責任の所在を明確に定め、また、監視・管理を自社にてしっかりと行う必要があります。

デメリット その2:業務のブラックボックス化

多くの物流拠点は本社や支社といった経営拠点からは離れた場所にあります。
そのため、物流部門を一括してアウトソーシングした場合、現場で行われていることを自社社員が把握できない状態が続き、業務内容が把握できない、ブラックボックス化が進む恐れが出てきます。
そのような状態になってしまいますとアウトソーサーからの請求額が適切なものなのかも判断できません。また、離れ小島で無責任な仕事をされてしまうことで、自社の商品やサービスのイメージを落とすことにつながる可能性もあります。

そのようなブラックボックス化を防ぐためにも、額面のコストばかりを重視するのではなく、現場のハンドリングの最高責任者は自社に置いて、物流業務の監視や検証を行いましょう。
また、契約の際に、委託する業務内容を数値やフローなどを用いて、明文・可視化し、アウトソーサーとの間に齟齬が生まれないようにすることも、必要です。

物流アウトソーシングとは? メリットとデメリット_2

物流アウトソーシングはコスト削減とリスク増大が背中合わせ

企業にとって、自社の商品は収益のための大切な宝です。
物流部門のアウトソーシングを導入する際は、いくら外部業者であっても、そのことをしっかりと理解した上での受託、運営を行ってもらうことが大切になります。
一時的にコスト削減が実現したけれども、商品やサービスに対してのクレームやトラブルが増える、現場のフローが非効率で人件費を追加請求される、システム上の在庫状況と現場の在庫状況に差異が生じる……などといった問題が多発してしまっては、本末転倒です。

導入の際には、しっかりとしたリスクマネジメントを行うことが、企業にとっての有益なアウトソーシング効果を生み出すことへとつながることをしっかりと覚えておきましょう。

BPOバナー

-BPO事業, ビジネス
-, ,

Copyright© Gozonji , 2018 All Rights Reserved.