Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト

 

トレンド

実店舗リピーター増加に有効! 自社アプリ集客のメリット

実店舗リピーター増加に有効! 自社アプリ集客のメリット

業種に関わらず集客のIT化は進み、実店舗を持つ企業でも「OtoO(オンラインからオフラインへの集客)」施策の実行がますます重要になってきました。このような状況の中注目されているのが、自社アプリを制作して集客に活かす方法です。

自社アプリはすでに大手スーパー、ドラッグストア、飲食店、アパレル店などで活用が進み、中小規模の店舗でも業者にアプリ制作を依頼して集客に活かすところが増えつつあります。しかし他にもWebサイトやポータルサイト、SNSなどのデジタル集客ツールがあるのに、わざわざ自社アプリを作って集客するメリットはどこにあるのでしょうか。

今回は自社アプリとは何か、そして活用のメリットや、実際の活用事例まで分かりやすくご紹介していきます。「自社アプリ集客とは何か知りたい」、「自社アプリの活用事例を知って、自社の集客施策に活かしたい」という方はぜひご覧ください。

Reroid DX しごと自動化ソリューション

目次

自社アプリ集客とは

自社アプリ集客のメリット

自社アプリ集客の活用事例3つ

まとめ

自社アプリ集客とは

自社アプリ集客とは、その名の通り自社のアプリを制作して集客に活用する方法です。

自社アプリにはアナログ集客や他のデジタル集客にはないメリットがあるので、企業が現在積極的に取り入れてマーケティングに活用しています。またプラットフォームを共通化して、必要な機能だけを追加することで制作時間を削減するアプリ制作サービスも登場しました。これにより今までフルスクラッチ(1からアプリを制作する)サービスには手の届かなかった中小企業でも、自社アプリを取り入れやすくなりシェアが増えています。

自社アプリ集客のメリット

自社アプリ集客には、次のようなメリットがあります。

・プッシュ通知やデジタルポイント・スタンプカード機能などが使える
・アナログ集客より効率がよく、他デジタル集客よりリピーター創出に向いている
・データ分析で次の施策へと活かせる

プッシュ通知やデジタルポイント・スタンプカード機能などが使える

自社アプリを利用すると、プッシュ通知が利用できます。

プッシュ通知では自社アプリをインストールした顧客のスマホに、店舗に関する情報などをポップアップ表示できます。さらに新着通知があったときはスマホホーム画面に通知アイコンが追加されたりと、自社が伝えたい情報が顧客に伝わる可能性が高くなります。

またデジタルでアプリ内画面にポイントカードやスタンプカードを表示して使える機能も搭載できます。
デジタルにすると紙のポイントカードやスタンプカードよりも財布の中でかさばらないので、顧客がポイントカードやスタンプカードをアプリ経由で使ってくれる確率を上げられます。そして利用率が上がればそれだけユーザーがお得を実感できるので、ロイヤルユーザー(自社店舗の商品購入やサービス利用を何度も行ってくれる熱意の高いリピーター)を創出しやすくなります。

アナログ集客より効率がよく、他デジタル集客よりリピーター創出に向いている

従来のアナログ集客は、ターゲットユーザー以外にも情報が届いてしまい非効率、そしてそもそもお金がかかるのでコストが心配、などのデメリットがありました。その点自社アプリ集客はターゲットユーザー別にピンポイントで有益な情報を発信できる、サービスを選べばコストを抑えられるなど、アナログの集客手法より多くのメリットがあります。

またアナログの集客手法に代わり幅を伸ばしてきたデジタルの集客手法にもデメリットがあります。例えばWebサイトはSEO対策をしないと上位に表示されず見てくれる顧客が減るし、ポータルサイトやSNSは自社情報が他社情報に埋もれてしまう可能性があります。

一方自社アプリでは一度顧客がインストールさえしてくれれば、プッシュ通知で情報が埋もれる可能性が低くなり、顧客に自社が伝えたい情報を見てもらいやすくなります。他にもいろいろな機能を追加できるので、機能が限られている他デジタルツールよりユーザーの希望に応えやすいというメリットもあります。

ただし自社アプリ集客にも一度必ずインストールしてもらわなければならないなど、デメリットがあります。それを他デジタルツールで補いながら集客を行うと、集客効果がはね上がります。

データ分析で次の施策へと活かせる

自社アプリを使えば、顧客のデータ分析も簡単にできます。

例えばプッシュ通知で届けたクーポンの開封率や、アプリがきっかけで来店してくれた顧客を数値化したりと、さまざまな指標の分析が可能です。またデジタルポイントやスタンプカードの利用履歴を確認して、「この顧客はロイヤルユーザーになってくれそうだから、特典を強化してプッシュ通知で送信しよう」など、分析をもとにターゲットユーザーに合わせた集客が可能になります。

関連ページ:ターゲティング広告とはどのようなもの? ポイントは?

自社アプリ集客の活用事例3つ

ここからは、自社アプリ集客における活用事例を3つご紹介していきます。

・小売業界
・アパレル業界
・飲食業界

小売業界

小売業界では、ポイントカードやスタンプカードを配布しても顧客がなかなか使ってくれないなどの課題があります。

そこで自社アプリを導入してポイントカードやスタンプカードをデジタル化することで、顧客が持っているスマホから簡単にカード表示ができるようになり、利用率が上がったところがたくさんあります。日本人は財布のなかに現金だけでなくカードも貯めこんでいますから、その状況を解消できる自社アプリには大きな効果が見込めます。

アパレル業界

アパレル業界では「ショールーミング(店舗で商品だけ見てネットショッピングで購入する)」で顧客が逃げてしまう、顧客フォローが上手くできないなどの課題があります。

そこで自社アプリを活用してピンポイントでクーポンやセール情報の配布を行うことで、顧客を逃がさず、確実にフォローして顧客につなげられるようになりました。他にも通常の顧客とロイヤリティの高い顧客を分けて、それぞれに適切な集客施策を行うことも可能になりました。

飲食業界

飲食業界ではポータルサイトに店舗情報を掲載しても情報が埋もれ上手く集客につながらない、リピーター獲得が上手くできずに売上が伸び悩む、などの課題があります。

そこで自社アプリのプッシュ通知機能で効率よく情報提供、フォローもデータをもとに無駄なく行うことで、店舗情報を見てくれる顧客が増え、リピーター創出も簡単になりました。新規顧客獲得よりリピーター創出の方が売上が上がりやすいので、「リピーターを上手く獲得できていない」という企業様にはぜひ、自社アプリを使った集客を試してほしいです。

実店舗リピーター増加に有効! 自社アプリ集客のメリット

まとめ

今回は自社アプリとは何か、そして活用のメリットや活用事例などをご紹介しました。

特にリピーター創出に関しては、自社アプリが他ツールより効果が高いことが伝わったのではないでしょうか。企業が生き残っていく上で、リピーターをどれだけ獲得できるかは重要なポイントです。そして自社アプリを使えばリピーター獲得が簡単になり、他ツールとの連携で集客に相乗効果も見込めるなど、メリットが多いです。

ぜひ自社アプリを活用して、自社で経営している店舗の集客を成功させてください。

おすすめ関連記事:【OtoOに効果的!】ビーコンを活用して集客しよう
おすすめ関連記事:【Google MAP表示を最適化】MEOを活用するためのコツ
おすすめ関連記事:次世代Webアプリ! PWAの実力とは

Reroid DX しごと自動化ソリューション

BPOバナー

-トレンド

© 2021 Gozonji