Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

トレンド

【Google MAP表示を最適化】MEOを活用するためのコツ

投稿日:

【Google MAP表示を最適化】MEOを活用するためのコツ

現代では、実店舗もWebを使って集客しないといけない時代になりました。「SNS」やWebサイトなど、さまざまなツールが集客に使われています。

そして近年注目されているのが、「MEO(Map Engine Optimization)」対策した自店舗情報を「Google Map」に掲載して集客する手法です。MEOを活用すれば、「SEO(Search Engine Optimization)」対策したWebサイトなどより高い集客効果が得られる場合もあります。

今回はMEOとは何か、そして活用するメリットやポイントなどをご紹介していきます。「MEOとは何か知りたい」、「MEOを使って集客したいと思っているが、活用するメリットや活用する際のポイントを知りたい」という方ぜひご覧ください。



目次

MEOとは

MEOのメリット

MEOを活用するコツ

まとめ

MEOとは

MEOとは、「Google Mapのエンジンに掲載している自店舗情報を最適化する」ことです。ちなみにGoogle Mapの検索エンジンは「Google」などのWebサイトを表示する検索エンジンとは違うので、Webサイトを検索エンジンに最適化させるときはSEOと呼びます。

MEOを行うと、自店舗の情報がGoogle Mapで上位に表示されやすくなります。店舗検索にGoogle Mapを使うユーザーも多いので、Google Mapの検索結果で上位表示されると大きなアドバンテージがあります。さらにGoogle MapとGoogleの検索エンジンは連動しており、キーワードによってはWebサイトの検索結果より上の部分に、Google Mapで同じキーワードを検索した結果が表示されます。

MEOのメリット

MEOには、次のメリットがあります。

・Webサイトより自店舗情報が上位に表示される可能性がある
・SEOなど、他ツールとも併用できる
・コストを抑えて集客できる

Webサイトより自店舗情報が上位に表示される可能性がある

例えば「焼き肉店 新宿」と検索する方は、「新宿にある焼き肉店の場所などが知りたい」という意図が強いのが特徴です。この場合Webサイトの検索結果だけを載せても、ユーザーは今一番知りたい焼き肉店の場所をすぐには把握できません。

そこでGoogleではユーザーファーストの観点から、店舗情報を調べていると思しきキーワードに対しては優先的にGoogle Mapの検索結果をGoogleの検索エンジン内で表示するという方針を取っています。ですから上記例の場合は「焼き肉店 新宿」と調べると、新宿にある焼き肉店の位置情報などが掲載されたGoogle Mapが、検索結果の最上位に表示されます。

このように実店舗でMEO対策を行うと、ユーザーの検索キーワードに対して自店舗情報がWebサイトより上位に表示され、目立ちやすいというメリットがあります。

SEOなど、他ツールとも併用できる

MEOとSEOは、別の手法です。ですから2つの施策は併用できます。

例えばMEOで店舗情報に関係するキーワードに対して、自店舗情報を上位に表示されるように工夫します。そしてブログなどを掲載してファンの獲得を狙ったWebサイトを別途用意し、そちらはまた別のキーワードでSEO対策を行って上位表示を狙えます。

検索キーワードによってはGoogle Mapが表示されないこともあるので、SEO対策つきのWebサイトと併用すれば広いタッチポイントで集客できます。さらにSNSなど他ツールとも併用及び連携させれば、さらに高い集客効果を狙えます。

コストを抑えて集客できる

Web広告に自店舗情報を掲載する場合、維持費などコストがかかりがちです。

しかしMEOを活用してGoogle Mapで集客する場合は特別大きなコストが必要ないので、中小規模の店舗でも安心して集客に活用できます。実際「地域名+店舗ジャンル」で調べると、たくさんの中小規模店舗がGoogle Map上でヒットします。

MEOを活用するコツ

ここからは、MEOを活用するためのコツをご紹介していきます。

・まずはGoogleマイビジネスへ登録する
・Googleマイビジネス内の店舗情報を充実させる
・口コミなども活用する

まずはGoogleマイビジネスへ登録する

自店舗情報をGoogle Mapに掲載する場合、まずは「Googleマイビジネス」へ登録する必要があります。Googleマイビジネスは無料で利用できるので、気になる場合はまず登録してみましょう。

Googleマイビジネス内の店舗情報を充実させる

Google Map上で自店舗情報を上位表示するためには、Googleマイビジネス内の店舗情報を充実させる必要があります。

基本的な店舗名や住所、電話番号などの情報は過不足なく、間違えずに入力しましょう。そして基本情報だけでなく、アピール文も店舗の特徴が分かるようにすることが重要です。

こうすればGoogle Mapの方で「このお店はこんな特徴がある」と認識しやすくなり、関連キーワードで上位に表示されやすくなります。また店舗画像も重要なので、お店の特徴が分かりやすいものを選んで用意しましょう。

口コミなども活用する

MEOでは、口コミなどの評価の表示順位に関わってきます。極端な話よい口コミが多いほど上位に表示されやすくなり、悪い口コミが多いと表示順位が下がってしまいます。口コミを増やすには、来店してくれたお客様に「口コミで次回使えるクーポンをプレゼント」など特典をつけたりして、口コミしてくれるように促す施策が有効です。

また自店舗の情報がどれだけ他サイトに掲載されているのかも、表示順位に影響します。「食べログ」などの店舗情報ポータルサイトに登録したりして、自店舗情報が掲載されているコンテンツの数を増やしたりすると効果があります。またGoogle Map上だけでなく、SNSでファンを増やしていく方法もMEO対策になります。

【Google MAP表示を最適化】MEOを活用するためのコツ

まとめ

今回はMEOとは何か、そしてメリットや活用のコツをご紹介しました。

実店舗がある場合は、MEOを活用して集客を行うと効率的に集客できます。コストを抑えて集客できるので、ぜひ中小規模の企業様にも活用してほしいです。

MEOを上手く活用して、自店舗の売り上げを伸ばしてください。

BPOバナー

-トレンド

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.