Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

BPO トレンド

「クラウドソーシング」とは? 活用するメリットとデメリット

投稿日:2018年9月18日 更新日:

「クラウドソーシング」とは? 活用するメリットとデメリット_1

クラウドソーシングとは、最近急激に増えつつある働き方の仕組みで、群衆の中の不特定の人(クラウド)に企業内の業務を外部委託(アウトソーシング)するという意味の造語です。
クラウドソーシングの仕組みを使って仕事を受ける人をクラウドソーサーと呼び、一般的にはネットを使ってクラウドソーサーを募集し、仕事を発注するという流れになります。



目次

クラウドソーシングの種類

クラウドソーシングを活用するメリット

クラウドソーシングを活用するデメリット

まとめ

クラウドソーシングの種類

一般的なクラウドソーシングの案件は、大きく3種類に分けることができます。

プロジェクト方式

受ける側と発注する側の双方で報酬などの条件を交渉し、契約締結後に作業を開始する形式です。案件としてはプログラム開発やアプリ開発、ホームページ構築や記事執筆などがあり、中から小規模で比較的長期にわたって行われる案件に適用されます。
クラウドソーサーのスキルが求められる形式でもあります。

コンペ形式

コンペ形式は、「ロゴ募集」などと発注した場合、不特定多数のクラウドソーサーからデザインやアイデアを提供される形式です。
発注した側は、採用したクラウドソーサーにのみ報酬を支払います。
一般的には、ロゴ作成、バナー作成、キャラクター作成、ネーミングなどの案件で使われる形式です。

タスク形式

アンケートやデータ入力、短文の記事作成などあまりスキルが必要ではない案件について、多数のクラウドワーカーに依頼する形式です。

クラウドソーシングを活用するメリット

コスト削減

クラウドソーシングを活用する最大のメリットは、コスト削減ができることでしょう。月末や年度末のみ多忙になる作業や突発的な案件に対応できる人材を、常に会社に置くことなく、活用することができます。
また、支払う金額も案件単位なので雇用するよりコストがかかりません。

苦手分野を外注できる

企業にとって得意分野、苦手分野がありますが、クラウドソーシングを活用すれば、企業の苦手分野のみを外注することができます。

クライアントの幅が広がる

作業を分担することで、複数の案件を同時進行することができるようになるため、必然的に受けられる仕事やクライアントの数を増やすことが可能です。
海外のクラウドソーサーに発注すれば、時差を利用して24時間体制で案件を進めることも可能です。さらに、今までは躊躇していた低予算のクライアントの案件にも対応できるようになるかもしれません。

正規雇用につながる人材の発掘

クラウドソーシングは、雇用関係ではなく、外注として仕事を進めて行くことになります。
複数のクラウドソーサーの中で、「この人は」という人材を見つけることができるのも、クラウドソーシングを利用する大きなメリットです。
実際の仕事ぶりや能力が分かる状態でスカウトすることも可能ですし、長期的に業務を任せることも可能です。

クラウドソーシングを活用するデメリット

セキュリティの問題

クラウドソーシングを活用する場合、特に個人情報や企業の機密内容を取り扱う場合は、セキュリティ意識の高い人材を見極めることが大変重要です。
万が一のために、セキュリティに関わる契約を交わすなどして、情報漏洩等のリスクを最小限にする必要があります。

人を探す手間

たくさんのクラウドソーサーの中から、外注する相手を選ぶのは大変です。納期を守れるか、途中で投げ出さないかなどをネット上のプロフィールから判断するのはまだ難しいのが現状です。クラウドソーサーと企業を結ぶサイトでは、過去の実績やスキル、評価などを確認できる場合があるので、それらを活用し、慎重に選ぶ必要があります。

まとめ

「クラウドソーシング」とは? 活用するメリットとデメリット_2

近年注目を浴びるクラウドソーシング。企業が活用することで、コスト削減や人材発掘などの様々なメリットがあります。一方、情報セキュリティのリスクも生まれやすいため、クラウドソーサー選びは慎重に行う必要があります。

BPOバナー

-BPO, トレンド
-,

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.