Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

BPO

原価管理とは? 概要とポイントを解説

投稿日:2019年4月15日 更新日:

原価管理とは? 概要とポイントを解説_1

皆さんの企業では「原価管理」をどうやって行っていますか? 原価管理とは業務時に発生するコストコントロールをするために必要なことです。

今回は企業の収益改善において重要な原価管理について解説。「原価管理についてすでによく知っている」という方も、おさらいによって知識の再確認になります。ぜひ読んでください。

目次

原価管理とは

原価管理の重要性

原価管理のポイント

まとめ

原価管理とは

原価とは「商品やサービスを提供するときにかかるコスト」のこと。
そして原価管理とは「予め算出した原価の標準(標準原価)を設定して原価の実際の発生額(実際原価)と比較。差異の原因を分析して適切な原価設定を行う管理概念」のことを指します。

原価管理をうまく行うためには原価を分類分けして計算することがポイントです。

商品やサービスの原価はかかり方によって2種類に分けられ、それぞれ

・直接費・・・原材料費など、各商品やサービスに直接利用されたことが分かる費用
・間接費・・・光熱費など、いろいろな商品やサービスに使われている費用

となります。

また原価は形態別にも分類することができ、

・材料費・・・商品やサービスを作るのに必要な食材や部品といった物理的な費用
・労務費・・・社員の給料など、商品やサービスを作るのにかかる人件費
・経理費・・・事務所の賃貸料など、商品やサービスを作るのにかかる設備費や諸経費

となります。

この分類からさらに事務用品費や出向時の交通費など、各企業で必要な費用を分類分けします。そしてどこに費用が掛かっているか、どの費用を削減したら原価をおさえて利益を上げられるかなど、データ分析を行い原価管理を行っていきます。



原価管理の重要性

ここでは原価管理の重要性について具体例も交えて解説していきます。

現代では消費者のニーズが多様化し、多種多様な商品やサービスが消費者に提供されています。こういった状況では適切に商品やサービスの価格設定を行わないと競合他社に競り負け、商品が売れなくなってしまう可能性もあります。商品やサービスを適正な価格で確実に販売するための経営努力の一環として、しっかりした原価管理は必要不可欠なものです。

また例えばパン製造業だと最近は小麦粉などのパン製造に必要な材料の値段が高騰していますよね。またガソリンの値段も中東の政治情勢などにより変動が起きます。

このように商品やサービスに必要な原価というのは絶えず変化する性質にあります。パンであれば製造工場の稼働費を安く抑えられないか、ガソリンだと人件費削減ができないかなど、安定して企業が利益を出すためには「リスクマネジメント(原価高騰などの危機に対する管理)」をしなければなりません。リスクマネジメントの際にも実際の原価をデータ化し、コスト削減できそうな部分を可視化できる原価管理の概念がポイントになってきます。

原価管理のポイント

ここまで紹介してきたとおり、企業の利益改善やリスクマネジメントなどには原価管理が必要不可欠です。では原価管理をうまく行うにはどうすればよいのでしょうか?

原価管理を手入力で行おうとすると膨大な時間がかかりますし、原価変動などにも逐一対応するには不向きです。原価管理を確実に、そしてスムーズに行うなら原価管理のシステム導入がおすすめ。

原価管理システムを導入すれば入力の自動化や履歴確認などの機能で原価管理に割く時間を減らして業務を効率化。データ分析によるPDCAサイクルを回しながらの適切な原価設定も簡単にできます。

「原価管理システムにかけるお金がない・・・」と心配されている企業様も安心してください。現在はウェブブラウザー上から簡単に利用できるクラウドベースの原価管理サービスもたくさんあります。

費用を抑えて原価管理システムを導入したい場合はクラウドタイプの原価管理システムも検討してみてください。

原価管理とは? 概要とポイントを解説_2

まとめ

今回は原価管理の概要とポイントを解説しました。企業の適切な経営に必要不可欠な原価管理。うまく原価管理を行うには原価管理システムの導入がおすすめ。この記事をきっかけに、原価管理システムにも興味を持っていただければ幸いです。

BPOバナー

-BPO
-

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.