Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト

 

BPO 働き方改革

ITアウトソーシングのメリットとデメリット

ITのアウトソーシングとは?_1

近年のIT技術の飛躍的な進歩によって、企業内で発生するさまざまな業務のデジタル化が進んでいます。それに伴い業務の効率化と生産性の向上を目的に、IT技術やサービスを利用したいと考える企業も増加してきました。しかし、IT技術やサービスの利用には新たな課題も発生しています。具体的には、技術やサービスを安定的に運用するための人材不足、企業にとって重大なセキュリティ対策問題、コンプライアンスの強化などが、課題となっているのです。

そこで、各企業では専門業者にアウトソーシングすることで、社内では対応しきれない関連の課題について有益な解決策を講じる必要に迫られています。自社内で対応しきれない業務を継続的に外部委託するBPO(Business Process Outsourcing)市場において、ITアウトソーシング市場は急成長を遂げているのです。

Reroid DX しごと自動化ソリューション

目次

解説

ITアウトソーシングの対象となる業務とは?

ITアウトソーシングのメリット

ITアウトソーシングのデメリット

ITアウトソーシングは経営戦略の要

解説

今回は、ITアウトソーシングの対象となる業務内容を紹介しながら、導入によるメリット・デメリットについて解説しました。ITアウトソーシングの利用を検討している担当者は、参考にしてください。

ITアウトソーシングの対象となる業務とは?

まず、ITアウトソーシングには特有の形態があることをおさえておきましょう。
大きく4つのタイプに分かれるアウトソーシングのスタイルをもとに、対象となる業務を紹介していきます。

1.フルアウトソーシング

特定のシステムの業務機能のすべてをアウトソーシングするスタイルで、業務範囲は委託元企業によって指定されます。
システムの企画・運用・保守までを一貫してアウトソーシングする場合もあれば、自社で企画したシステムの設計・開発と運用のみアウトソーシングする場合もあります。アウトソーシング先はIBMなどの大手システム開発会社が中心となっており、対応できる業務が広範囲にわたります。そのため、セキュリティ面でも万全の対策を期している企業がアウトソーサーとして選ばれています。

2.運用アウトソーシング

主にシステム運用業務をアウトソーシングするスタイルです。
サーバーやOSなどの社内インフラの運用業務が中心となっており、既存の社内システムの運用も含まれます。IT専門のBPOベンダーの多くが、この運用の受託サービスを提供しており、システム開発会社もアウトソーサーとして受託数を伸ばしています。

3.ホスティング

外部から借りたサーバーやストレージの運用・保守や機能改善をアウトソーシングするスタイルです。
社内サーバーを使用している場合にはシステムダウンに伴う業務停止というリスクが想定されます。あらかじめリスクを回避するために、近年ではサーバーをレンタルし、外部で管理してもらう手法を選ぶ企業が増加しています。KDDIやGMOなどの大手通信会社から中・小規模のインターネットプロバイダーまでアウトソーシング先はさまざまです。

4.ハウジング

自社で購入したサーバーなどの通信機器を、外部のデータセンター内を利用して設置するスタイルです。
あくまで置き場所を借りているだけという状態のため、運用などの業務は自社社員が遠隔で行う必要があります。災害時の安定した電源供給や厳しいセキュリティ体制、大容量で安定した通信設備といったメリットがあり、国内でのニーズは高まっています。委託元が安心してITアウトソーシングを一任するために、電力・通信・金融会社が運営しているサービスを選ぶことが多い傾向にあります。

関連ページ:どこまでアウトソーシングする? IT分野における懸念材料と解決法

ITアウトソーシングのメリット

冒頭で挙げたように、ITアウトソーシングのニーズは近年急速に高まっています。その背景には、企業が抱える課題を解決できるさまざまなメリットが存在します。

コスト削減

コスト削減は、ITアウトソーシングを導入することで得られる最も大きなメリットです。自社内で各種システムの運用や保守などを行うには、専門知識を持った社員の育成や採用が必要となってきます。人材育成、雇用に伴う時間や労力を比較した際、外部の専門家にアウトソーシングする方がコストの大幅削減につながります。

安心のITガバナンス

ITの専門家にアウトソースすることで、各システムにおける監視・規律体制が強化されます。ITを適切に統制する仕組みを整えておくことは、社員が安心して業務に専念するためにも重要なポイントです。

コア業務への専念

アウトソーシングする最大の目的は、自社社員がコア業務に注力できるよう環境を整えることです。ITへの依存度が高まる中で、その運用や保守といった業務は、いわばバックアップサポートのノンコア業務です。自社のITに精通した社員に煩雑な問い合わせや対応依頼が集中してしまい、社員が本来の業務に取り組めない状況は多く見受けられます。

ITアウトソーシングを行うことで、自社社員が本来取り組むべき業務に集中して、業務の生産性を高めることができるようになるでしょう。また、プロフェッショナルによる安定したシステム運用やメンテナンスにより、各社員は業務を遮られることなく、快適な環境で取り組むことが可能です。

関連ページ:アウトソーシングすべき「ノンコア業務」をどう判断する?

ITアウトソーシングは経営戦略の要

ITのアウトソーシングとは?_2

ITアウトソーシングのデメリット

一見すると魅力的に見えるITアウトソーシングですが、デメリットもはらんでいます。デメリットの内容も知ったうえで、活用するかどうか判断しましょう。

社内でITの知見が蓄積されにくい

IT関連業務をすべて外部委託する「フルアウトソーシング」において、とくに発生しやすいデメリットです。IT関連業務をほぼ委託してしまうため、該当業務に精通した人材の育成が困難になってしまいます。

また、ITの知見が蓄積されない状態が続くと、アウトソーシングを続けるしかありません。そのため、結果的にコストがかさんでしまう恐れがあります。

セキュリティ面の不安

ITアウトソーシングを行うということは、自社が保有している情報をアウトソーシング先と共有することになります。ITアウトソーシング先の企業から自社の機密情報が漏えいし、セキュリティ問題にまで発展してしまうリスクがあります。

企業規模に関わらずこの懸念事項はつきまといます。
そのため、「ITアウトソーシングを中小企業に一任することは不安」といった先入観を捨てて、自社と信頼関係を構築できるアウトソーシング先を探しましょう。

アウトソーシングに向けた準備に時間がかかる

ITアウトソーシングを行う場合は、企業の選定から行い、どのサービスを自社に取り入れるかといった準備をする必要があります。どの業務をアウトソースするのかといった判断も行わなければいけません。費用対効果を考慮しながら、ITアウトソーシング企業との打ち合わせに臨みましょう。

ITアウトソーシングは経営戦略の要

ITの安定した運用と万全のリスクマネジメントは、企業の存続につながる重要なポイントです。人材不足を解消するためのRPAやAIの導入がさらに進めば、よりシステム管理の重要性は増してくるでしょう。

近年のITアウトソーシングにおいては、オフショアと呼ばれる海外エンジニアへのアウトソーシングも増加しています。ビジネスがよりデジタル化され、国や時間を超えて行えるようになれば、ビジネスチャンスはさらに広がります。その一方で、IT活用における企業のリスクマネジメント能力は企業生命の生死を分かつことになるでしょう。

そのため、IT関連業務をフルアウトソーシングする場合においても、企業は自社のIT担当者を配置することが大切です。そして、業務状況を常に監視・管理できる体制を整えておかなければ、情報漏えいなどの甚大なリスクを避けることは難しいでしょう。ビジネスの生命線となったITをきちんと社内で活用していくためにも、アウトソーシング先の選定は慎重に行い、企業成長に役立てましょう。

おすすめ関連記事:このままで大丈夫ですか? ITコストを削減するための運用のコツ
おすすめ関連記事:ITフリーランスにとって必要とされるスキルとは?

Reroid DX しごと自動化ソリューション

BPOバナー

-BPO, 働き方改革
-

© 2021 Gozonji