Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト

 

RPA

いまさら聞けないRPA導入のメリット

いまさら聞けないRPA導入のメリット

デジタル分野の進化や働き方改革の推進によって、業務を効率化させる動きが近年活発になっています。その中でも、人間がやっていた作業をロボットが代わりにやってくれるRPAは、業務効率化に有効なツールとして注目を集めています。ですが、RPAを導入したことでどのようなメリットがあるのか、どんなRPAを導入したらいいのか悩んでいる方も多いかもしれません。

そこで今回は、RPAを導入するとどのようなメリットがあるのか、そしてRPAにはどんな種類があるのかを解説します。業務効率化を検討している方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

RPAが注目されている背景

RPA導入のメリット

RPAの種類

まとめ

RPAが注目されている背景

近年RPAが注目されている背景には、働き方改革の推進が大きく関わっています。2019年4月1日から順次施行が始まっている働き方改革ですが、そこで挙げられているテーマの中に長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方の実現、社員の健康を守ることがあります。施行されてから多くの企業がその対策に着手していますが、なかには人材不足の影響でどうしても残業時間を減らすことができない企業も出てきました。RPAはこれまで人がやっていた作業をロボットが代わりにやってくれるシステムなので、人手不足による長時間労働や社員の健康をケアする目的で導入する企業が増えてきています。

また、RPA自体のクオリティが高まってきているのも、注目される理由の一つとして挙げられます。例えば、システムエンジニアによる専門的なプログラム開発が不要なRPAツールもリリースされており、導入するまでのハードルが低くなっている傾向があります。こういった技術革新も、RPAが注目を集めている理由といえるでしょう。

RPA導入のメリット

では、RPAを導入するといったいどのようなメリットがあるのでしょうか?

人件費を削減できる

RPAは今まで人がやっていた作業をロボットが代わりにやってくれるシステムなので、人件費の削減が期待できます。例えば、これまで時間外労働をしなければ終了しなかった作業をロボットがやってくれることで、従業員が長時間作業する必要がなくなります。その結果、残業が発生したことによる従業員のストレスの緩和と、時間外手当を削減するといった対応ができます。

作業が正確

RPAを導入すると人が行う作業が減るため、人的なミスが起こりづらいというメリットもあります。また、あらかじめインプットさせておいた命令を正確に実行してくれるため、業務クオリティの向上や会社の信頼度アップにつなげることができます。

24時間稼働させることができる

RPAはロボットが作業してくれるため、24時間365日稼働させることができます。人では不可能な長い時間の作業が可能なので、大幅なスケジュール短縮につなげられます。特に、RPAはデータ入力や定型レポートの自動作成、決められたファイルのアップロードなど、毎回の作業手順やルールが決まっている業務に対して向いているツールです。それらの業務のスケジュールを短縮したいと考えている方は、導入を検討してみても良いでしょう。
いまさら聞けないRPA導入のメリット

RPAの種類

RPAは、「サーバー型」・「デスクトップ型」・「クラウド型」の大きく3種類に分かれます。先ほど「RPA導入のメリット」で触れた点に加えて、それぞれに特有のメリットがあります。

サーバー型の場合

「サーバー型」とは、自社にある複数のPCとつながったサーバー内で、ロボットを働かせるタイプのRPAです。RPAによって効率化させたい業務が広範囲にわたる場合に有効です。

複数台のPC・アカウントの業務を効率化できる

サーバー内でロボットを働かせることによって、複数台のPCやアカウントの業務を効率化できるのが、サーバー型の大きな特徴です。また、導入しているすべてのロボットや膨大なデータを管理することもできるので、部門を超えたやり取りが必要な業務の効率化などに適しています。

セキュリティ面に強い

サーバー型は、ほかのタイプと比べてセキュリティ面が強いことも特徴です。そのため、例えば社内の機密情報や個人情報といった重要な情報を扱う業務の効率化に向いているといえます。

PCに不具合が起きても影響がない

サーバー型のRPAはロボットをサーバーの中で働かせることになります。そのため、仮に使用しているPCに不具合が生じたとしても、PCを変えて対応すればロボット自体に影響を与えずに業務を行うことができます。

デスクトップ型の場合

「デスクトップ型」とは、ロボットを個人のPCにインストールして、デスクトップの中で働かせるタイプのRPAです。効率化させたい業務が明確で、効果がどのくらいあるのか早めに見極めたいと考えている場合に有効なタイプです。

導入へのハードルが低い

デスクトップ型は個々のPCにインストールさせるタイプのRPAなので「まずは1台のPCにインストールしてどのくらいの効果があるのか確かめてみよう」といった効果測定を行うハードルが低いことが特徴です。また、金額としては先ほど紹介したサーバー型と比べてリーズナブルなことが多いので、手軽に導入してみたいと考えている企業におすすめのタイプといえるでしょう。

それぞれのPCに特化した業務効率化ができる

デスクトップ型はそれぞれのPCにインストールするタイプのRPAなので、PCごとに効率化させたい業務に特化した設定ができます。柔軟なカスタマイズができるのもデスクトップ型の大きな特徴です。

従業員一人ひとりが管理することができる

デスクトップ型は業務の効率化を1台のPCでおこなうため、従業員一人ひとりが管理することができます。一方で、管理方法が人それぞれになってしまうというデメリットもあるので、導入する場合は管理体制を整えておくといいでしょう。

クラウド型の場合

「クラウド型」とは、RPAを提供する企業が管理するクラウド上でロボットを働かせるタイプのRPAです。もともとは先ほど紹介したサーバー型とデスクトップ型が主流でしたが、クラウド型のRPAツールも近年多く登場してきたことにより、注目を集めています。

インストールが不要

クラウド型は文字通りクラウド上でロボットを働かせるため、自社のサーバーやPCにインストールする必要がありません。例えば、RPAを利用する従業員が増えた場合でもインストールする時間などの手間を考えなくてよいのが、クラウド型の特徴です。

アップデートで最新機能が自動的に導入される

クラウド型のRPAはシステムの更新や機能修正、保守点検を製造元が行ってくれるため、ユーザー側はいつでも最新版のシステムを利用することができます。また、クラウド上でロボットが働いてくれるので、場所の制約にとらわれずにどこでも使用できます。こちらも、クラウド型の大きな魅力といえるでしょう。

まとめ

今回はRPAのメリットとその種類についてご紹介しました。RPAは使いこなすことで業務効率化に大きく貢献してくれるツールですが、ただ導入すれば効率化できる、というわけではありません。RPAの能力を最大限に生かすためには、自動化させる作業をしっかり決める必要があります。

また、デザインの検討や新しいサービスを生み出すための企画など、状況に応じて人間の判断が必要な業務に関しては、RPAで業務を自動化することができません。そういった業務の中で効率化を図りたいと思っている方は、外部の専門家に業務を依頼するアウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。

BPOバナー

-RPA
-

© 2021 Gozonji