Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト

 

BPO

【比較をスムーズに!経理アウトソーシング業者の選定ポイントとおすすめ業者を解説

【比較をスムーズに!経理アウトソーシング業者の選定ポイントとおすすめ業者を解説

経理業務は会社経営と深いかかわりがあり、おろそかにはできません。しかし同時に利益に直結しない業務でもあるので、「重要なのはわかっているが自社でやると時間が掛かるので、外部に任せたい」というのが企業の本音でしょう。

現在複数の経理アウトソーシング業者がサービスを提供しており、それだけに比較および選定が難しい状況にあります。基本的な比較のポイントを理解して判断に活かすだけで、アウトソーシング業者選びがスムーズになるでしょう。

今回は経理アウトソーシング業者を比較したい方向けにそのポイントや、おすすめの業者などを解説していきます。

目次

経理アウトソーシング業者が代行してくれる業務

経理アウトソーシング業者を比較するときのポイント

経理アウトソーシングができるおすすめの業者3選

まとめ

【比較をスムーズに!経理アウトソーシング業者の選定ポイントとおすすめ業者を解説

経理アウトソーシング業者が代行してくれる業務

経理アウトソーシング業者は次のような経理業務を代行してくれます。

・経費の精算
・請求書の発行
・帳票や仕訳の入力
・売掛や買掛の管理
・月次や四半期、期末決算

経費の精算

会社で発生したさまざまな経費を精算して管理を行う経費精算は、煩雑になりがちな業務です。会社で発生する経費は

・文房具の購入費
・出張費
・接待に使った飲食費

などさまざまあり、社員から申請があるたびに計算を行って払い戻しをする手間が掛かるからです。

経費精算の代行によって煩雑な作業がなくなり業務効率化が可能です。

また業者によっては、窓口を代行して社員からの経費に関するお問い合わせに対応してくれるサービスを提供している場合もあります。窓口も含めて効率化したい場合は利用を検討してみましょう。

請求書の発行

取引先へ料金を請求して入金の確認を行う請求書の発行に関する作業も、経理業務において大きなウェイトを占めます。月末や月初に時間を取られて本当に時間を取りたい業務ができない方も多いでしょう。

経理のアウトソーシング業者では請求書の作成からクライアントへの送付、期日までの入金の確認など請求書に関する業務も代行してくれます。月末や月初に仕事が集中することがなくなり、安定して時間を集中したい業務へ注ぎ込めるようになるでしょう。

帳票や仕訳の入力

帳票や仕訳の入力は、「勘定項目」や「取引先」といった決まった項目に応じて金額を入力していく定型的な業務です。しかしカテゴリー分けがあいまいなケースもあり量も多いので、時間を取られがちな業務でもあります。

経理アウトソーシング業者は帳票や仕訳の入力にも基本対応しています。ややこしいカテゴリー分けも業者に任せながら、自社では他の業務へ時間を回せるようになるのがメリットです。

売掛や買掛の管理

会社のキャッシュフローを明確にして健全な運営を行うために、売掛や買掛の管理は重要な作業です。売掛金が増えすぎると後の会社の負担が増える危険性がありますし、逆に買掛金が増えすぎると手元にお金がなくなって倒産してしまう可能性もあります。

売掛や買掛を適切に管理することが適切な会社経営の第一歩です。

アウトソーシング業者に任せると売掛金・買掛金の管理も簡単になります。プロが管理を行って内容を可視化してくれるため、常に適切な経営判断が可能です。

月次や四半期、期末決算

貸借対照表や損益計算書などを作成して税務署に提出する必要がある関係上、期末決算は必須の業務です。しかし期末に会社の財政状況を入力して書類を作るのは大変時間の掛かる作業です。

また期末決算だけを行っていると、定期的に財政状況を確認できず柔軟な経営判断ができない恐れがあります。四半期決算や月次決算などを行い定期的に財政に異常がないか判断するのも重要ですが、期末決算に加えて業務が増えるのでさらに経理に掛かる時間が増えてしまいます。

アウトソーシング業者に期末や四半期、月次決算を任せれば安心です。自社では時間を取られずに決算内容を定期的に確認できるようになるでしょう。期末決算時の書類作成も楽になります。

【比較をスムーズに!経理アウトソーシング業者の選定ポイントとおすすめ業者を解説

経理アウトソーシング業者を比較するときのポイント

ここからは、経理アウトソーシング業者を比較するときのポイントをご紹介していきます。

・どこまで業務を代行してもらえるか
・専門家が業者にいるか
・導入実績があり信頼できるか

どこまで業務を代行してもらえるか

経費の精算や請求書発行といった業務は、基本どんな企業でも代行してくれます。ただし業務内容によっては対応できないものもあるので、業者の選定の際対応してくれるか確認する必要があります。

各業者の公式サイトには対応している業務詳細が紹介されています。自社で代行したい業務が対象なのかどうか細かく知りたい場合は、直接問い合わせると安心です。

専門家が業者にいるか

専門家が業者にいるかいないかも重要なポイントです。専門家がいる場合提供されるサービスが増えるからです。

たとえば業務内容の細かいヒアリングやそれに対する業務切り分けの提案などは、専門家が得意とする分野です。根本的に経理の業務改革を行いたい場合はコストが多少掛かっても、専門家のいる代行業者に依頼を掛けてみましょう。

公認会計士や税理士がいるか、税理士法人であるかなどが判断の基準になります。

導入実績があり信頼できるか

経理の情報は取引先や社員の情報など機密情報が満載です。取り扱いに不備があると情報が漏洩して自社に大きなダメージが発生する危険性があります。このためセキュリティに気を遣っている業者を選ぶのも、比較の際重要なポイントです。

導入実績を確認すると判断の参考になります。膨大な機密情報の細かい管理が求められる大企業と複数取引実績のある業者であれば、信頼できると思ってよいでしょう。

またセキュリティに関してどのように取り組んでいるか公式サイトなどで確認するのも、判断のポイントになります。

【比較をスムーズに!経理アウトソーシング業者の選定ポイントとおすすめ業者を解説

経理アウトソーシングができるおすすめの業者3選

ここからは経理のアウトソーシングができるおすすめの業者を、3つご紹介していきます。

・株式会社M&Tコンサルティング(Smart経理)
・NTTビジネスアソシエ(経理業務アウトソーシングサービス)
・NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社(NOC経理アウトソーシング)

株式会社M&Tコンサルティング(Smart経理)

「株式会社M&Tコンサルティング」は「Smart経理」を提供しています。

Smart経理はクラウドサービスを活用しているのがポイントです。ユーザーは領収書といった書類をスキャンしてSmart経理の担当者に渡します。必要な情報の確認はチャット上で行うといった体制で、リモートでもスムーズな経理代行を実現しています。

専門のコンサルタントが導入方法を細かく確認してくれるので、導入可否の検討も簡単です。お問い合わせや初回面談は無料なので気になる方は一度利用してみましょう。

NTTビジネスアソシエ(経理業務アウトソーシングサービス)

「NTTビジネスアソシエ」はNTTグループなので、信頼度は非常に高いです。「経理業務アウトソーシングサービス」を提供しています。

NTTグループの経理業務を依頼されてこなしてきたノウハウが活かされており、業務内容や業務範囲は自社の状況に応じて柔軟に変更してくれます。

・伝票審査業務
・記帳業務
・債権債務残高管理業務
・月次決算業務
・税務決算業務

などさまざまな経理業務に対応しているので、代行依頼を出しやすいのもポイントです。

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社(NOC経理アウトソーシング)

経理代行サービス提供において30年以上の歴史がある「NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社」は、「NOC経理アウトソーシング」を提供しています。解約率は1%と非常に高い信頼を獲得しているのもポイントです。

経理全般における業務を代行してもらえる他、経理効率化に必要なシステムの選定や導入も代行してくれます。経理のプロに任せれば、自社に合った経理システムを用意できるでしょう。

さらに財務サポートまで提供されているため、根本的な財務状況の改善も可能です。単なるアウトソーシングにとどまらない多様なサービスを提供しているのが強みです。

【比較をスムーズに!経理アウトソーシング業者の選定ポイントとおすすめ業者を解説

まとめ

今回は経理アウトソーシング業者の比較ポイントや、おすすめの業者などを解説しました。

経理をアウトソーシングすれば、記帳や決算書作成などさまざまな業務に掛かる時間を削減可能です。アウトソーシング業者を比較する際は業務の代行範囲や専門性、機密情報の取り扱い体制などに注意して選定を行いましょう。

ぜひ適切な業者と契約を行い、自社の経理体制を最適化して収益拡大を目指してみてください。

BPOバナー

-BPO
-,

© 2021 Gozonji