Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

RPA

【気軽に導入できる】無料で使えるおすすめのRPAツール3選

【気軽に導入できる】無料で使えるおすすめのRPAツール3選

・自社の生産性を上げるため、コア業務に集中できる体制を作りたい
・働き方改革を行って、より明るい職場作りを目指したい
・コロナウイルスで出社がしにくい状況でも、業務の稼働を安定させたい

こういった状況の中、業務を自動化できる「RPA」の重要度はさらに高まっています。

RPAにはコストが掛かるので、気軽には導入できないと思われる方もいるかもしれませんが、RPAツールには無料で提供されているものもあり、コスト面での課題を解決してくれる可能性があります。

今回はコスト面でRPAの導入を迷われている方向けに、無料で利用できるRPAツールを3個厳選してご紹介していきます。

目次

無料のRPAツールには、「ずっと無料」と「期間限定」の2種類がある

無料でRPAを使う際の注意点

無料で使える、おすすめのRPAツール3選

まとめ

無料のRPAツールには、「ずっと無料」と「期間限定」の2種類がある

RPAツールが無料で使えるのは、次の2パターンです。

・期間に関係なく、ずっと無料で使える
・期間限定で、無料利用が可能である

期間に関係なく、ずっと無料で使える

いわゆる、「フリーミアム(最初から無料のプランが用意されている)」タイプです。たとえば音楽サービスで言うと、「Spotify」や「AWA」などがフリーミアムを提供しています。

無料プランという枠組みでRPAを利用できるので、金額は一切掛かりません。勝手に有料プランにアップグレードされる心配はありませんし、RPAにまったくコストを掛けたくない場合もすぐに導入して使えます。

ただし有料プランと差別化するため、機能が制限されているのがネックです。簡単な作業にのみRPAを適用したい場合は無料のままでも問題ないかもしれませんが、

・RPAの適用範囲を広めたい
・カスタマイズして、さらに複雑な作業にも対応できるようにしたい
・他のツールといろいろ連携させたい

といった場合は無料プランだけでは不足する可能性が高いです。

またサポートに関しても、有料プランの場合は電話やメールなどさまざまなサポートを利用できますがフリーミアムの場合は利用できない場合があります。自力で問題に関するデータを収集し、解決に当たれるスキルが導入時には必要です。

期間限定で、無料利用が可能である

30日限定や60日限定など、期間限定でRPAツールを利用できるタイプです。動画ストリーミングサービスで言うと、「Hulu」や「U-NEXT」などが無料トライアルのサービスを提供しています。

無料プランでRPAを利用する場合と違って、制限がありません。実質的に有料プランを期間限定で無料利用する形になるので、各RPAツールの魅力をあますところなく体感可能です。

またサポートについても有料版と同等の内容が用意されているので、分からない部分がある場合は気軽に相談して問題を解決できるのもメリットです。

ただしずっと無料で使えるわけではなく、期間が過ぎたら有料プランへ登録するか、サービス継続を取りやめるか選択する必要が出てきます。このため無料プランに登録するタイプよりは、導入のハードルが少々高いかもしれません。
【気軽に導入できる】無料で使えるおすすめのRPAツール3選

無料でRPAを使う際の注意点

無料でRPAを使うときは、次の点に注意してみてください。

・条件をクリアしないと利用できない場合がある
・きちんと準備してから導入しないと効果を計測できない

条件をクリアしないと利用できない場合がある

特に無料プランでRPAを使おうとする場合、条件をクリアしないとそもそもサービスへの登録自体ができない可能性があります。

たとえば「UiPath Community Edition」では、

・非営利団体
・教育、研究機関
・小規模事業者(売上が500万ドル未満であり、250台未満での利用を想定)

などに該当する場合のみ無料プランへ登録が可能です。

登録したいRPAツールの条件をクリアしていない場合、

・他のRPAツールを検討する
・フリートライアルを利用して、有料プラン利用を前提に導入を行う

などの対策を行う必要があるでしょう。

きちんと準備してから導入しないと効果を計測できない

無料プラン利用の場合も無料トライアル利用の場合も、RPA導入への下準備は必ず行いましょう。

RPAは万能薬ではなく、導入すれば魔法のように業務環境が改善されるわけではありません。適する業務を事前に選定し、その部分へ適用できるようプログラムを組む必要があります。

せっかく無料で利用できても、効果が出なければ導入が無駄になってしまいます。まずは業務の切り分けとRPAと相性のよい業務選定を行い、作業を確実に効率化できるようにしてみてください。
【気軽に導入できる】無料で使えるおすすめのRPAツール3選

無料で使える、おすすめのRPAツール3選

ここからは無料で使えるおすすめのRPAツールを、3つご紹介していきます。

・UiPath Community Cloud
・Intelligent Automation Cloud
・WinActor

UiPath Community Cloud

世界的なRPAツール、「UiPath」の無料版です。

利用条件はありますが、日本語にも対応しているので操作がしやすいです。またソフトウェアも自動更新されるので、いつでも最新の環境でRPAを利用できます。

サポートについては、「UiPath Community Forum」というコミュニティサービスが提供されています。他のユーザーに質問したりスレッドを確認したりしながら、問題解決が可能です。さらに「UiPath アカデミー」という無料で受講できるRPA学習サービスも用意されているので、無料プランでも十分な学習環境がそろっています。

Intelligent Automation Cloud

「Work Fusion社」が提供している、無料RPAツールです。旧名は、「RPA Express」でした。

条件なしで誰でも導入できるのが、一つメリットになっています。

・画面操作のレコーディング
・Excelへのデータ出力

と、無料プランでもRPAの基本的な機能を利用可能です。

また

・機械学習を活用して、ロボットに操作を認識させる

といった高度な機能も搭載されています。

ただし情報ソースに関しては英語が多く、日本語で情報を集めにくいのがデメリットです。Intelligent Automation Cloudを導入する場合は、英語がある程度できるようにしておいたほうが安心できます。

また柔軟性については他ツールと比べると小さい部分があるので、本格的にRPAを導入したいと考えるのならば有料版の導入を検討してみましょう。

WinActor

NTTグループの「NTTアドバンステクノロジー社」が開発した、RPAツールです。無料プランはありませんが、無料トライアルが用意されています。各WinActorの代理店から、無料トライアルを提供してもらう形になります。

日本で最も知名度の高いRPAツールであり、インターネット上に情報も出そろっているのがメリットです。何かトラブルがあった際も、すぐ原因を調査可能です。

またサポートも充実しており、

・業務の洗い出し方法の支援
・WinActorの効果を測定
・シナリオのテンプレート提供

など各種サポートを受けながら効率よく導入できます。

セミナーに参加すれば、実践形式でWinActorを学習可能です。モチベーション低下を防ぎながら、WinActorを役立てられるようになるでしょう。
【気軽に導入できる】無料で使えるおすすめのRPAツール3選

まとめ

今回は無料で使えるRPAツール3選を、無料で使えるパターンや導入時の注意点などとともにご紹介しました。

無料プランはコスト面を気にせず使える分、機能が制限されるといったデメリットがあります。また無料トライアルの場合は機能制限がなく自由に使える分、期間が過ぎても使おうとする場合は必ず課金を行う必要があります。

自社の状況に合わせて、どちらのタイプでRPAツールを導入するか決めてみてください。まずは無料でRPAを導入して、本当に効果があるのかどうかを確かめてみましょう。

BPOバナー

-RPA

© 2020 Gozonji