Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

トレンド 働き方改革

リモートワークを実現する!おすすめビジネスチャットツール3選

リモートワークを実現する!おすすめビジネスチャットツール3選

ビジネスチャットツールを導入すれば、メッセージをいつでもさかのぼって確認できたりとコミュニケーションがスムーズになります。ビジネスチャットツールとは何か、そして選び方のポイントやおすすめのツール3選などをご紹介します。



目次

リモートワークとは

ビジネスチャットツールとは

ビジネスチャットツールを選定するときのポイント

おすすめのビジネスチャットツール3選

まとめ

リモートワークを実現する!おすすめビジネスチャットツール3選

リモートワークとは

リモートワークとは、場所にとらわれずに自由に働くことです。社内ではなく自宅やカフェなど、さまざまな場所で働ける自由度の高さが魅力です。

リモートワーク導入により、従来よりも従業員のプライベートに対応した勤務体制を構築可能できるようになります。結果的に優秀な人材を確保しやすくなるので、企業にも大きなメリットがあります。他にもコスト削減や事業継続性確保などさまざまな面で、リモートワークは企業にメリットをもたらします。

・出社しない日と出社する日を分ける
・すべて出社せずに仕事を行う
・病気など緊急辞退が発生したとき、一時的に自宅で業務を行う

とさまざまなリモートワーク形式があるので、会社の状況に応じて上手く使い分けると大きな効果が見込めるでしょう。

関連ページ:デジタル時代の主流になる?リモートワークのメリット・デメリットをご紹介

ビジネスチャットツールとは

リモートワークは、従業員にも企業にもさまざまなメリットがあります。ただし職場にいないという性質から、実現には課題もあります。

一番の問題となるのが、コミュニケーションです。

職場にいれば密にコミュニケーションを取れますが、リモートワークでは同僚や上司が近くにいないのでコミュニケーションを取って仕事をするのが難しくなります。また仕事がどこまで進んでいるかも直接確認できないので、納期が過ぎても仕事をしていた、などのトラブルが発生する可能性があります。

こういった課題を解決するのが、ビジネスチャットツールです。

チャットツールでは、他の人とインターネット上で簡単にコミュニケーションを取れます。そしてビジネスチャットツールにはビジネス用の機能も追加されています。

基本的には通常のチャットツールと同じで、掲示板形式でメッセージを残していきます。掲示板形式なので過去の履歴をさかのぼり、どのように会話が進んでいったかを確認可能です。メールと違ってメッセージをすぐ確認できるので、重要なメッセージを見逃す場面も減少します。

またチャットは複数立ち上げられるので、「業務Aにかかわる従業員は業務A用のチャット、業務Bにかかわる従業員は業務B用のチャットでコミュニケーションを行う」といったようにチャットを使い分けて効率的に運用できます。複数人同時に参加できるチャットを立ち上げ、インターネット経由でリアルタイムコミュニケーションを取ることも可能です。

他にもファイル共有機能など、リモートワークを行う上で役に立つ機能が搭載されています。

関連ページ:リモートワーク(テレワーク)での心理的距離の縮め方

リモートワークを実現する!おすすめビジネスチャットツール3選

ビジネスチャットツールを選定するときのポイント

ビジネスチャットツールを選定するときは、次のポイントに気をつけましょう。

・自社に合った機能やサポートが提供されているか
・業務規模に応じて最適なプランが用意されているか
・操作性に問題はないか

自社に合った機能やサポートが提供されているか

ビジネスチャットツールでも他業務ツールと同じように、自社に合った機能やサポートが提供されているかが重要です。

たとえば「重要な業務プロセスをいつでも目に見える形でチャットツールに表示しておきたい」という場合は、タスク管理機能が充実しているツールを導入すると効果が出やすいです。また「文字だけのコミュニケーションでは限界のある業務が発生する」という場合は、音声やビデオチャット機能が使えるビジネスチャットツールを導入すると別途ツールを導入する手間が省けて便利です。

ビジネスチャットツールを活用できるか心配な場合は、導入や活用サポートなどが充実しているツールを選ぶと安心です。

業務規模に応じて最適なプランが用意されているか

ビジネスチャットツールによって、提供されているプランは異なります。企業はプランの違いを比較し、業務規模に応じて最適なプランが用意されているツールを選ぶ必要があります。

たとえば

・月額500円、ビデオ通話機能あり、メンバーごとにファイルストレージが10GB
・月額600円、ビデオ通話機能なし、メンバーごとにファイルストレージが30GB

という2つのプランがあるとします。

この場合ビデオ通話機能が必要で、料金が安いプランを選びたい場合は

・月額500円、ビデオ通話機能あり、メンバーごとにファイルストレージが10GB

が最適になります。

しかしビデオ通話機能が必要なく、容量の大きいファイルを共有する場面が多いという場合は

・月額600円、ビデオ通話機能なし、メンバーごとにファイルストレージが30GB

が最適です。

操作性に問題はないか

ビジネスチャットツールでは、操作性に問題がないかもポイントになります。

いくらよいツールでも、使いにくくては意味がありません。無料トライアルを利用しながら、実際に操作性を確かめてみるのが一番です。

リモートワークを実現する!おすすめビジネスチャットツール3選

おすすめのビジネスチャットツール3選

ここからは、おすすめのビジネスチャットツールを3つ厳選してご紹介していきます。

・Slack
・ChatWork
・LINE WORKS

Slack

「Slack」は、世界最大級のビジネスチャットツールです。アプリ開発企業などが利用しており、アメリカ発でありながら日本語にも対応していて使いやすいです。

Slackではタスクやプロジェクトごとに、簡単にチャットを「チャンネル」という単位に分けてコミュニケーションができます。重要なメッセージやファイルをピン留めしてすぐ確認したり、指定した相手に効率よくメッセージを送信したりできます。

また拡張性が高いのも、Slackのメリットです。Slackでは「API(外部のソフトウェアを読み込んで機能を利用できる技術)」を利用して、さまざまなアプリケーションを連携させられます。

たとえば「Googleドライブ」を連携させて作業ファイルを共有したりといったことも、APIで可能になります。

無料でアカウントを開設して利用できるので、気になる場合はぜひ実際に動かしてみましょう。

ChatWork

公式サイト:https://go.chatwork.com/ja/

「ChatWork」は、日本発のビジネスチャットツールです。国内ではSlackと人気を2分する
ツールで、利用者が多いです。

日本製ということで、日本人に分かりやすくシンプルな操作画面になっています。そのため初心者でも、すぐなれてチャットができるようになるでしょう。

またタスク管理機能が充実しているのも、ChatWorkのメリットです。

重要なメッセージなどは仕事納期や担当などを設定して、メイン画面に常に表示可能です。これにより重要な内容を忘れずに、確実に処理できるようになります。終了したタスクは完了ボタンを押してタスクから外したりと、管理も簡単です。

Slackと同じく無料版が利用できるので、操作感を確かめましょう。

LINE WORKS

「LINE WORKS」は、「LINE」アプリのビジネス版と言える存在です。

LINEアプリ画面がベースになっているので、LINEでコミュニケーションを取っている方ならばスムーズに使えるようになります。スマホで操作しやすいのも、LINE WORKSのメリットになります。

トーク画面ではスタンプなども織り交ぜながらコミュニケーションが取れるので、楽しく仕事が進められます。またAPI連携による拡張性や、カレンダーによるタスク管理など機能も豊富です。

残念ながら無料プランはありませんが、ライトプランは1ユーザー月額360円で利用可能と低額です。LINEのように業務チャットができるツールを導入したい場合は、LINE WORKSがおすすめです。
リモートワークを実現する!おすすめビジネスチャットツール3選

まとめ

今回はビジネスチャットツールとは何か、そして選び方のポイントやおすすめのツール3選などをご紹介しました。

リモートワーク実現には、遠隔でもコミュニケーションが取れる環境作りが欠かせません。ビジネスチャットツールを導入すれば、メッセージをいつでもさかのぼって確認できたりとコミュニケーションがスムーズになります。

ぜひ本記事で選び方のポイントやおすすめツールを確認し、自社に最適なビジネスチャットツールを導入してみてください。

おすすめ関連記事:【人間中心の社会】ソサエティ5.0で実現する新しい働き方とは
おすすめ関連記事:退職ハラスメントはありか、なしか?

BPOバナー

-トレンド, 働き方改革
-,

© 2020 Gozonji