Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト

 

トレンド

日々の決済を効率化!スマホ決済とは

日々の決済を効率化!スマホ決済とは

現金でレジ決済を行うとき、無駄に時間がかかってもどかしいときはありませんか?そんなときに便利なのが「スマホ決済」です。

スマホ決済を使えば、普段持ち歩いているスマホだけでサッと料金支払いを済ませられるので、スムーズに決済が完了します。またスマホ決済を導入すれば、店舗側にもメリットがあります。

今回はそんなスマホ決済とは何か、そしてスマホ決済のメリットやデメリットまで分かりやすくご紹介していきます。「スマホ決済とは何か知りたい」、「スマホ決済のメリットやデメリットを知って、自社導入時に参考にしたい」という方はぜひご覧ください。

AI×BPO バックオフィスまるごとアウトソーシング

目次

スマホ決済とは

スマホ決済のメリット

スマホ決済のデメリット

まとめ

スマホ決済とは

スマホ決済とは文字通り、「スマホ経由で決済を行うサービス」の総称です。スマホ決済には主に

・非接触型ICチップ決済
・バーコード・QRコード決済

の2種類があります。

非接触型ICチップ決済

非接触型ICチップ決済タイプでは、スマホに搭載されているICチップと、各店舗に備えつけられている専用リーダーを近づけて決済を行います。ICチップの規格は各国ごとに異なり、日本では「ソニー」が開発した「Felica」を用いた決済が一般的です。

この方式でもスマホで簡単に決済できますが、スマホにはFelicaを搭載していない機種もあります。そういった機種を持っているユーザーは非接触型ICチップ決済での支払いはできません。また店舗側でも専用のICリーダーを用意しなければならないのでコストがかかるのもネックでした。

バーコード・QRコード決済

非接触型ICチップ決済に代わり盛り上がりを見せているのが、バーコード・QRコード決済タイプです。このタイプでは顧客がスマホ画面上に決済用のバーコードやQRコードを表示してレジで提示したり、店舗側が用意しているQRコードを顧客がスマホカメラで読み取ったりして決済を行います。

この決済タイプではスマホ側にICチップが搭載されていなくても決済できるので、利用できる顧客が増えます。また店舗側も専用のリーダーを用意する必要がなく、最低QRコードだけを提示すれば決済が使えるようになるので、導入コストがかかりません。

こういった背景から続々バーコード・QRコード決済タイプのスマホ決済アプリが登場し、中小規模の店舗でも導入が広がっています。

関連ページ:今さら聞けない! ビジネスに変革をもたらすフィンテックとは!

スマホ決済のメリット

スマホ決済には、次のようなメリットがあります。

・決済が迅速になる
・ペーパーレスが実現する
・キャンペーンを利用して販促も可能

決済が迅速になる

スマホ決済の一番のメリットは、何と言っても決済が迅速になる点です。

顧客も現金を出す手間が省けるので、決済時に困ることなく一瞬で支払いを終わらせることが可能です。またレジ側でも決済に余計な時間をかけることなく、回転率を上げられるメリットがあります。

このようにスマホ決済を導入すれば、顧客・店舗双方にメリットがあります。

ペーパーレスが実現する

スマホ決済では、購入履歴も専用アプリ内で保存されます。つまりわざわざレシートを発行せずとも、顧客は購入履歴をアプリ内で管理できます。

現在日本政府ではペーパーレスを推進しており、店舗でもなるべく経営時に出てしまう紙の量は少なくしたいところです。スマホ決済を導入すれば紙でレシートを出す必要がなくなるので、ペーパーレスにもつながります。またレシート発行に必要な紙代や印刷代も浮くので、経費削減にも直結します。

キャンペーンを利用して販促も可能

特にバーコード・QRコード決済タイプのアプリでは、頻繁にキャンペーンが開催されています。

例えば決済アプリを使ってお買い物をすると後日アプリ専用マネーで20%還元されるなど、大規模なキャンペーンも多数開催されています。そして各スマホ決済を導入している店舗側では、キャンペーンに必要な予算を用意する必要はありません。スマホ決済サービス側で基本予算が確保されるからです。

ですから店舗としてはローリスクで大規模なキャンペーンに乗っかり、販促へつなげることができます。こういった理由から大規模なキャンペーンが開催しにくい中小規模の店舗でも、積極的にスマホ決済を取り入れる動きが広まっています。

スマホ決済のデメリット

メリットが多いスマホ決済ですが、デメリットもいくつかあります。

・スマホにサービスを依存する
・サービスごとに導入する必要あり

スマホにサービスを依存する

スマホ決済は、スマホにサービスを依存しています。ですから顧客がスマホを持っていない場合は当然サービスを提供できません。

今やほとんどの方がスマホを所持している時代ですが、家にスマホを忘れたり、長時間動画の視聴で電源が切れたりといったことはあり得ます。ですからスマホ決済に決済方法を依存するのは危険です。

サービスごとに導入する必要あり

スマホ決済は今や乱立しており、どのサービスを選べばよいか分からない問題も起きています。また複数のサービスを導入する場合、手間もかかってきます。

この課題に関しては日本政府が「JPQR」という、あらゆるスマホ決済サービスで利用できるQRコードの実証実験を行ったりして対策を検討中です。将来的にはスムーズに複数のスマホ決済を導入できるようになるでしょう。

日々の決済を効率化!スマホ決済とは

まとめ

今回はスマホ決済とは何か、そしてメリットやデメリットなどを解説しました。

バーコード・QRコード決済タイプ登場により、スマホ決済業界には活気が出ています。今後もさまざまなサービスが登場し、店舗で導入が進んでいくでしょう。

ですからスマホ決済サービスを導入する場合は自社に合っているサービスをしっかり選定し、スムーズに導入する工夫も必要です。ぜひスマホ決済を活用して、自社の収益向上につなげてみてください。

おすすめ関連記事:ECサイトの決済を簡単に! キャリア決済導入のメリット
おすすめ関連記事:実店舗リピーター増加に有効! 自社アプリ集客のメリット
おすすめ関連記事:世界の通信状況を劇的に変えてしまう! 5Gとは

Reroid DX しごと自動化ソリューション

BPOバナー

-トレンド
-

© 2021 Gozonji