Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

トレンド

ビジネスにディープラーニングを導入する際のポイント

投稿日:

ビジネスにディープラーニングを導入する際のポイント_1

ここ最近、「ディープラーニング」について耳にする機会が増えましたね。
ディープラーニングにより「AI」はさらに賢くなり、ビジネスにディープラーニングを活用する事例も増えています。ビジネスにディープラーニングを利用するとさまざまなメリットがあります。しかし同時に「どうすれば上手くディープラーニングを自社のビジネスに導入できるか」考えあぐねている方もいらっしゃると思います。

そこで今回はディープラーニングの概要やビジネス導入時のメリット、ビジネス導入時のポイントなどをご紹介していきます。「ディープラーニングのメリットをしっかり理解した上で、ビジネス導入時のポイントも押さえておきたい」という方はぜひご覧ください。

目次

ディープラーニングとは

ディープラーニングをビジネス導入するメリット

ディープラーニングをビジネス導入するときのポイント

まとめ

ディープラーニングとは

ディープラーニングとは「深層学習」とも呼び、多種多様なデータをAIに取り込んで各データの特徴や性質などを学習させます。するとAIは取り込んだデータに基づいて、人間の手を介さないで自律的な処理ができるようになります。

分かりやすい事例だと、囲碁の世界チャンピオンに「Google」の作った「アルファ碁」が勝利したニュースは有名です。アルファ碁でも、プロ棋士の打ち手などを大量に取り込んでディープラーニングを行ったことで、世界チャンピオンが予想もしないような奇想天外な手を打つことができるようになり、結果勝利を収めました。

また囲碁だけに限らずビジネスにも応用できたりと、ディープラーニングは汎用性の高さもポイントです。

ディープラーニングをビジネス導入するメリット

ディープラーニングをビジネス導入すると、次のようなメリットがあります。

最適な業務プロセスの提案
業務リスクの軽減
自動で業務改善などの分析が可能

最適な業務プロセスの提案

ディープラーニングを用いると、AIは過去のデータから最適な業務プロセスも割り出せるようになります。

例えば新しい仕事を受注したとき、社内ではどうやって効率よく作業を進めるか思案することになります。そのときディープラーニングを利用したAIを用いれば、過去の仕事内容から今回の仕事はどう進めればもっとも確実に、そして短時間で終わらせられるかを提案してくれます。

このようにディープラーニングをビジネス活用すると、業務効率化も狙えるようになるのです。

業務リスクの軽減

現代では各ネットワーク上のシステムが正常に動いていないと、まともな仕事ができません。未然にトラブルを防げる仕組みがあれば、致命的な業務トラブルを回避できます。

ディープラーニングを利用すれば、過去のパターンなどからネットワーク上の振る舞いをAIが自動で感知し、トラブルが起きる前に知らせてくれます。業務リスクの軽減という意味でも、ディープラーニングは有用です。

自動で業務データの分析や改善案のアドバイスまでしてくれる

業務では必ず、取引内容などのデータをもとに分析を行う作業が出てきます。しかし分析を行った上で、改善案の提案まで人の手で行うには時間がかかります。

例えば分析用のデータをディープラーニング技術でAIに取り込めば、「売上を来年度20%伸ばすにはここにてこ入れをすればよい」といったようなアドバイスまで聞くことが可能です。自動でAIが業務データの分析や改善案のアドバイスまでしてくれるのも、ディープラーニングのメリットです。

ディープラーニングをビジネス導入するときのポイント

ディープラーニングをビジネスに導入するときのポイントは、次の3つです。

自社の課題を明確にする

やみくもにディープラーニングを導入しても、業務で有益な結果は得られません。「新しい製品を創出したい」、「業務上のトラブルを減らしたい」など、自社がどんな課題を持ち、そしてどうやってディープラーニングを活用して解決したいのかまずは明確にしましょう。

社内にディープラーニングの分かるリソースを用意しておく

ディープラーニングは導入して終わりではありません。適切に運用して回していくためには、社内にディープラーニングについて知識と技術のあるリソースを用意する必要があります。

社内にディープラーニング専門のリソースがいれば運用状況に鑑みて、さらに効果が出る環境を構築することもできるでしょう。

適切な契約を行う

ディープラーニングをビジネスで導入するときは、外部の企業と契約を行ってサービスを導入します。そのときに万が一ディープラーニングシステムにトラブルがあれば、責任がクライアントと提供企業どちらにあるのかはっきりさせておく必要があります。

トラブルがあったときはどうする、知的財産が絡むデータはどう処理するかなど、ディープラーニングを導入するときは提供企業としっかりした契約内容を結ぶこともポイントです。

ビジネスにディープラーニングを導入する際のポイント_2

まとめ

今回はビジネスにディープラーニングを導入する際のポイントをご紹介しました。

ディープラーニングを導入するだけで、さまざまなメリットが受けられます。ディープラーニングを活用すれば、新たなビジネスチャンスの創出も可能です。ただし出てきたばかりのサービスという点にもしっかり留意して、提供企業とは適切な契約を結べるようにしておきましょう。

BPOバナー

-トレンド
-,

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.