Gozonji

「アウトソーシング」と「IT」の情報サイト Powered by realgate

 

業務効率化

マーケティングの強い味方! Martechとは

投稿日:

マーケティングの強い味方! Martechとは_1

突然ですが、「Martech」という言葉を聞いたことがありますか? 「聞きなれない言葉だな」と思われた方でも、「SFA(営業支援システム)」などのツールはよく知っていて、実際自分も利用している、というようなケースはあるのではないでしょうか。

Martechとは、SFAやMA(販促自動化システム)など、マーケティングとITを組み合わせた技術やシステムの総称のこと。Martechは今や、マーケティング分野で必須の存在になっています。

今回はマーケティングの強い味方であるMartechについてご紹介。「Martechの仕組みをよく理解して、時代に乗り遅れないようにしたい」という方は、ぜひご一読ください。

目次

Martechとは

Martechの種類

Martechで可能なこと

まとめ

Martechとは

Martechとは、MarketingとTechnologyがかけ合わさった造語。似たような定義の言葉に、「Fintech(Finance×Technology、金融とITを組み合わせた技術やサービスなどの総称)」などがあります。

従来のアナログ中心のマーケティング手法は電話やチラシなど、「アウトバウンドマーケティング(企業からプッシュして見込み客にマーケティングを行う手法)」が一般的でした。しかし現在では状況が一変しており、アウトバウンドマーケティングはかなり非効率であり、見込み客に嫌がられる可能性も高い手法になってしまいました。

現代ではインターネットの普及により、ネットショッピングなどのネットサービスが活発になっています。ネットサービスでは顧客のニーズに合ったマーケティングを行わなければ顧客がどんどん逃げてしまい、売り上げの損失にもつながりかねません。またインターネットでの顧客の動きは多様化しており、「適切なタイミングで商品やサービスを提供する」ことも重要です。

上記の課題を解決するのがMartechです。Martechによって顧客情報をデータベース化しての分析、分析に基づいたコンテンツの配信など、マーケティングに関するさまざまな機能がシステムとして提供されています。

Martechの種類

Martechにはたくさんの種類がありますが、大別すると次の2種類が主流です。

・データ収集・分析系
・コンテンツ提供系

データ収集・分析系

顧客に関するデータ収集や、データ分析に特化したツールです。

例としては「BI(ビジネス・インテグレーション)」、「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」などが挙げられます。こういったシステムは、社内や社外で得られた各業務データを統合してデータベース化、管理を容易にしながら可視化によるデータ分析を行えます。データ収集・分析計のMartechは、「それぞれの顧客性質に合わせてどのようなマーケティングを行えば売り上げが上がるか」など、マーケティングでのコンテンツ配信前の下準備において重要な役割を果たします。

コンテンツ提供系

データ収集系・分析系でデータベース作成及びデータ分析が完了した後は、いよいよ分析に基づいたコンテンツ配信に移ります。こういったコンテンツ提供系のMartechには、「CMS(コンテンツマネジメントシステム)」、「MA(マーケティングオートメーション)」、「チャットボット(Fecebook & Chat)」、「デジタル広告(SNS広告やリスティング広告など)」などが含まれます。

こういったコンテンツ提供系のMartechには、データに基づいた「One to One」(1人1人の趣味・趣向に合わせたマーケティング)を目指しながら、集客を行っていく役割があります。また例えば広告ではクリックや動画再生などを行ったユーザーのデータを取得するといったように、各コンテンツに対するユーザーの行動を収集し後々データ分析に活かす役割もあります。

ちなみにMAはメール配信などのコンテンツ提供も行いますが、事前に用意したデータベースからのデータ分析なども行えるので、データ収集・分析系の側面も合わせ持っています。

他にも数えきれないほどの種類のMartechが市場に出回っていますが、「データを収集して分析する」、そして「実際にコンテンツを配信してデータを収集し、分析へフィードバックする」、この2つを役割として大体のMartechシステムは市場に出回っています。

Martechで可能なこと

Martechを導入すると、次のようなことが可能になります。

・マーケティング初心者でもデータ分析やコンテンツ配信が可能になる
・データ収集から分析、コンテンツ配信までの時間を削減できる
・各顧客のニーズに合った商品・サービス提供が可能になる

マーケティング初心者でもデータ分析やコンテンツ配信が可能になる

Martechでは、データの収集や分析、そしてコンテンツ配信など、各マーケティング工程が可視化されるなど、自動処理化されて簡単になる機能が多数提供されています。もちろんこういったシステムをフル活用するにはマーケターとしての知識や能力も必要です。しかしMartechではマーケティング初心者でも実際にツールに触りながらマーケターの能力を身に着けられるメリットがあります。

データ収集から分析、コンテンツ配信までの時間を削減できる

Martechでは、事前設定などを行えば後は自動で必要なデータが収集されます。また分析結果もシステムからすぐ出力可能で、コンテンツも感覚的に制作して配信できるような機能もそろっています。

マーケティングに必要な工程の無駄をなくし、時間を削減できるのもMartechの魅力です。

各顧客のニーズに合った商品・サービス提供が可能になる

今までのマーケティングでは、マーケターの知識や経験から顧客の性質を導くしか手法がありませんでした。しかしMartechを使えば、システムの自動処理により精度の高いデータを集め、正確な分析、それを反映したコンテンツ配信が簡単にできます。

これにより各顧客に合った商品やサービスの提供が可能になり、売り上げを伸ばすことにつながります。

マーケティングの強い味方! Martechとは_2

まとめ

今回はマーケティングで必須となっているMartechについて、その種類やできるようになることをご紹介しました。今後もさまざまなMartechが世に出回り、シェアを奪い合っていくことでしょう。

業務改善や売り上げ拡大を図るためにも、Martechはもはや必要不可欠なものになっています。「これからマーケティング担当になりそうだ」という方はMartechを使ってスムーズにマーケティングできるように、本記事などを参考にしてMartechの基本についてよく理解しておきましょう。

BPOバナー

-業務効率化
-,

Copyright© Gozonji , 2019 All Rights Reserved.